Archives

  • [—]2019 (469)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

Fニッポン第6戦 SUGO 予選


安定した速さを見せてきたロッテラーがついにPPを獲得。(Photo:K.Takeshita)

26日の予選セッションが全てキャンセルとなったため、決勝日朝のフリー走行の時間
を公式予選に充てることとなり、午前10時05分より1回限り30分のあわただしい予選
セッションが行われ、#2アンドレ・ロッテラーが1分13秒826で初のポールポジションを
獲得した。

天候は完全に回復し、ところどころ青空も見える状況だが、コースにはまだ濡れた
場所が残っている。
特にSPアウトから最終コーナーにかけてはまだ何本か水の筋が見え、油断できない
ポイントになっている。
セッション開始から順調にタイムを刻んできたのは#40リチャード・ライアン、
#20ブノワ・トレルイエの外国勢。これに#22脇阪寿一、#11松田次生、#8土屋武士が
絡んでいく。#28野田英樹も好調なようだ。更に金曜の合同テストから好調だった
#2アンドレ・ロッテラー、#1小暮卓史のPIAA NAKAJIMA勢も徐々にタイムを上げてきた。

10分経過時点での順位は、#28野田、#2ロッテラー、#22脇阪、#11松田、#8土屋、
#1小暮、#40ライアンの順。トップタイムは1分15秒685

#19本山哲はハイポイントコーナーでコースオフしたがすぐに復帰し、すぐさま3番手
タイムを出してきたがすぐに#40や#22脇阪が上回る。

17分が経過した頃、最終コーナーで#41服部尚貴がスピン。コース上に落下物がある
とのことで赤旗が提示され、セッションは中断となった。
この時点での順位は、#2ロッテラー、#1小暮、#40ライアン、#20トレルイエ、#22脇阪、
#8土屋、#19本山の順。ロッテラーからトレルイエまでが14秒台だ。

10時30分に予選再開。残り時間は13分しかない。
ここから各車最後のアタックを開始。再開後5分で#11松田次生が14秒621の2番手タイム
を出すが、すぐに#40ライアン、#22脇阪、#1小暮が相次いで14秒代前半のタイムを
出して上回る。
更に、残り3分強となった10時40分、ロッテラーが遂に13秒台に突入。このタイムが
このセッションでの最速タイムとなり、ロッテラーが初めてのポールポジションを
獲得した。
2位には本山、3位には松田がチェッカー直前にタイムアップして飛び込んできた。

決勝は当初の予定通り14時35分から、72周で戦われる。

2003年7月27日 スポーツランドSUGO(宮城県) 予選 天候:晴れ/コース:セミウェット
P- No- Driver--------------- Team------------- Time----- Delay-- Gap-----
 1  2 アンドレ・ロッテラー  PIAA NAKAJIMA     1'13.826    -       -
 2 19  本山 哲             IMPUL             1'14.161  0.335   0.335
 3 11  松田 次生            COSMO OIL CERUMO  1'14.222  0.406   0.071
 4 40  リチャード・ライアン  DoCoMo DANDELION  1'14.254  0.428   0.022
 5 20  ブノワ・トレルイエ    IMPUL             1'14.266  0.440   0.012
 6 22  脇阪 寿一           TEAM 22           1'14.276  0.450   0.010
 7  1  小暮 卓史            PIAA NAKAJIMA     1'14.350  0.524   0.074
 8  5  道上 龍              5ZIGEN            1'14.717  0.891   0.367
 9  8  土屋 武士       LeMans            1'14.809  0.983   0.092
10 12  井出 有冶            COSMO OIL CERUMO  1'14.826  1.167   0.017
11 28  野田 英樹            CARROZZERIA MOHN  1'15.317  1.658   0.491
12 10  五十嵐勇大            TEAM NOVA         1'15.323  1.664   0.006
13 41  服部 尚貴            DoCoMo DANDELION  1'15.352  1.693   0.029
14  3  立川 祐路            Olympic KONDO     1'15.478  1.819   0.126
15  7  金石 年弘            LeMans            1'15.480  1.821   0.002
16  9  黒澤 治樹            PLANEX EBBRO NOVA 1'15.577  1.918   0.097
17  4  ドミニク・シュワガー  Olympic KONDO     1'15.979  2.320   0.402
-------------------------------------------------------------------------
*赤旗中断(10:23~10:30)
予選通過基準タイム(107%)1'19.258
参加台数:17台 出走台数:17台

シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース