Archives

  • [—]2019 (469)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3第11戦 SUGO 決勝


コンディションが難しくなるほど、コートニーの速さは際立ってくる。(Photo:K.Takeshita)

悪天候によって日曜決勝となった全日本F3選手権第11戦は、PPの#7ジェームス・コート
ニーが他を寄せ付けない速さで後続を突き放して優勝。同時に第12戦のポールポジシ
ョンを獲得した。
2位にはスタートを決めた#4ロニ・クインタレッリ、3位には最後尾から追い上げた
#32番場琢が入った。

昨日まで降っていた雨も上がり、コース上にはまだ濡れたところが残っているものの、
これからどんどん乾いていくと思われる。
しかし、空にはまだ分厚い雲がかかっている。

本来なら26日に行われる予定だった全日本F3選手権第11戦の決勝は、雨によるコース
コンディション悪化で27日に順延となったため、急遽サポートレースの予定をずらし、
ヴィッツ東北シリーズの前に行われることとなった。周回数も当初の18週から13周に
短縮となった。

スタートはクインタレッリがホールショット。コートニーは出遅れたが、すぐさま1周
終わりのホームストレートでトップを取り返す。
クインタレッリの後方からはモンティンが猛然と追い上げており、2周目の馬の背手前
でゆうゆうと2位に浮上。しかしSPから最終コーナーにかけてはまだ濡れた部分が多く、
これに足をとられたモンティンはSPアウトでスピンアウト。必死でコース復帰を図る
が、焦りからか激しくスピンを繰り返し、最後は最終コーナーイン側に後ろから刺さっ
てリタイヤとなってしまった。タイトル争いを考えればこのミスは大きく響くことに
なるものと思われる。これでモンティンの第12戦最後尾スタートが確定した。
これでクインタレッリが再び2位に返り咲くが、ベストタイムを連発するトップのコー
トニーには周回ごとに引き離されてしまう。

その後方でもあちこちで接触やスピンが相次ぎ、これを上手くかわした#32番場琢が
最後尾グリッドから徐々に上位に進出、6周目に#19柴田裕吉を抜き去って遂に3位まで
登りつめてきた。

結局レースはコートニーが後続を21秒以上引き離して優勝。
2位にクインタレッリ、3位にはF3初表彰台となる番場が入った。

なお、この決勝結果がそのまま第12戦のスターティンググリッドとなる。

2003年7月27日 スポーツランドSUGO(宮城県) 決勝 天候:曇り/コース:セミウェット
第11戦決勝結果

-P.-No.-Driver------------------Car------Engine-----------Time-------Gap------
 1   7  ジェームス・コートニー  D F302   TOYOTA 3S-GE     18'23.573   -
 2   4  ロニ・クインタレッリ  D F302   TOYOTA 3S-GE        45.486  21.913
 3  32  番場 琢          L-D F106 TOYOTA 3S-GE        46.369  22.796
 4  36  片岡龍也                D F302   TOYOTA 3S-GE        47.549  23.976
 5  19  柴田裕吉        D F302   TOYOTA 3S-GE        48.158  24.585
 6   2  佐藤晋也         D F302   MUGEN MF204B        54.455  30.882
 7  11  柴田裕紀               L-D F106 MUGEN MF204B        55.018  31.445
 8  33  吉本大樹        L-D F106 TOYOTA 3S-GE     12Lap       1Lap
-----------------以上完走------------------------------------------------------
 9 * 8  小早川済瑠        D F302   TOYOTA 3S-GE      2Lap      10Lap
10   3  横溝直輝                D F303   TOYOTA 3S-GE      2Lap      11Lap
11  12  パオロ・モンティン    D F303  NISSAN SR20VE     1Lap      12Lap
-------------------------------------------------------------------------------
* No.8は、国際モータースポーツ競技規則付則H項違反(黄旗提示区間でのコースアウト)
により、訓戒および始末書提出のペナルティーを課した。

Fastest Lap #7ジェームス・コートニー 1'22.054(13Lap)



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース