Archives

  • [—]2020 (36)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC第3戦 SUGO 決勝


大バトルの末、逆転で今季2勝目を飾ったエッソスープラ(Photo:K.Takeshita)

全日本GT選手権第3戦「SUGO GT CHAMPIONSHIP」は逆転に次ぐ逆転の大接戦。
序盤からトップを快走していた#1エッソウルトラフロー スープラが69周目のアクシ
デントで一旦は#36WOODONE トムススープラに譲り渡したトップの座を、最後ラップ
の最終コーナーで果敢に奪い返し、今季2勝目を飾った。

午後2時50分、定刻どおりにレースはスタートした。
ホールショットを奪ったのはポールポジションからスタートした#1エッソスープラ。
そのすぐ後ろに#23ザナヴィ ニスモ GT-Rが続き、このままテールトゥノーズの状態
で後続をどんどん引き離していき、マッチレースの様相を呈してきた。#23本山哲は
何度か#1エッソのインを伺うも、飯田章が付け入る隙を与えずトップを守ったまま
36周でピットイン、脇阪寿一にハンドルを託す。その2周後、本山がピットへ。
ピットストップタイムでは#1エッソに約2秒遅れをとったが、クルムは寿一の前でピ
ットアウト!しかしタイヤが冷えた状態では寿一の猛追を押さえ切る事はできず、
バックストレッチまでにトップの座を明け渡さざるを得なかった。

その後は周回遅れを処理するたびに両者のギャップが開いていく。このまま#1エッソ
逃げ切りかと思われたが、44周目にピットインしていた#36WOODONE トムススープラが
#1エッソの前でピットアウト!#1エッソが周回遅れの処理に手間取るのに助けられ、
トップを守ったままコントロールラインを横切っていく。そのまま46、47周と1秒以内
の差を保って#36コマスはトップを快走するが、48周目の1コーナーで#1寿一がトップ
を奪い返す。しかし抜かれた#36コマスも果敢に食い下がり、2秒以内の差を保って
#1エッソを追いかける。

そして69周目。
オープニングラップのスピンから挽回して6位を走行していた#100RAYBRIG NSXをラ
ップしようとインに入り込んだ#1寿一がホイールをロックさせてアウトにはらみ、#100
光貞と接触。すぐ後方を走っていた#36コマスも避けきれずに#1エッソの右リヤをヒッ
ト!ここで#36WOODONE トムススープラが先行する。

遅れをとった#1寿一は果敢に#36コマスを攻め立てるも、#36コマスは一歩も譲らず接
近戦を繰り返しながらファイナルラップに突入。必死で食い下がってくる#1寿一をや
っとのことで押さえ込みながら#36コマスは最終コーナーへ。ここでコマスはスロット
ルを早く踏みすぎるという痛恨のミスを犯した。軽くホイールスピンを起こしてアウト
にはらんでいく#36トムス。この隙を見逃さずイン側にノーズをねじ込んでいく#1寿一。
#36トムスの右リヤと#1エッソの左フロントがぶつかる。それでも#1寿一はスロットル
を踏み込んでいく。たまらずダートにはみ出す#36トムス。並びかけ、前に出て行く#1
エッソ。追い抜きざま、#1エッソの左リヤがコースに戻ってきた#36トムスの右フロン
トをヒット。コマスも諦めずに追いすがるが、遂に#1エッソを捉えることはできなかっ
た。

これで#1エッソウルトラフロースープラは今季2勝目。
獲得ポイントを43に伸ばし、このレース3位で通算41ポイントの#23ザナヴィを抜いて
ランキングトップを奪還。シリーズ2連覇へ一歩前進した。

GT300は、PPスタートの#11JIM RodeoDrive アドバンF360が順調に後続を引き離して
トップを快走するも、ピットストップ後にまさかのエンジントラブルでピットロード
出口でストップしてしまった。代わってトップに立ったのは#31RECKLESS MR-S。
2位の#5BANPRESTO B-1 マッハ号GT 320R、3位の#7雨宮マツモトキヨシアスパラRX7の
猛攻を退け、トップを守りきってフィニッシュ。
佐々木孝太にとってはこれがGT初優勝となった。

次戦は7月13日、富士スピードウェイ。
セパン戦の代替開催となる異例の2ヒート制の戦いだ。

◆スポーツランドSUGO http://www.sportsland-sugo.co.jp/

2003年5月25日 スポーツランドSUGO(宮城県) 決勝 天候:曇り/コース:ドライ
-P.-No.Cls-Car----------------------------Drivers-------------Lap-GoalTime---
 1   1 500 エッソウルトラフロースープラ     脇阪/飯田         81 1:52'45.096
 2  36 500 WOODONEトムススープラ            土屋/コマス       81 -     0.082
 3  23 500 ザナヴィ ニスモ GT-R             本山/クルム       81 -    24.442
 4  25 500 ADVAN スープラ                   荒/デュフォア     81 -  1'06.847
 5  22 500 モチュールピットワークGT-R       ライアン/影山     81 -  1'12.981
 6  35 500 プロジェクトμエスペリアスープラ  服部/脇阪         80 -   1 Lap
 7  18 500 TAKATA童夢NSX                    道上/フィリップ   80 -   1 Lap
 8  64 500 Mobil 1 NSX                      松田/小暮         80 -   1 Lap
 9  16 500 G'ZOX無限NSX                     伊藤/コロネル     80 -   1 Lap
10  38 500 auセルモスープラ                 竹内/立川         80 -   1 Lap
11   8 500 ARTA NSX                         土屋/金石         80 -   1 Lap
12  76 500 イエローコーンマクラーレンGTR    五十嵐/田嶋       80 -   1 Lap
13  37 500 ZENTトムススープラ               黒澤/アピチェラ   80 -   1 Lap
14  39 500 デンソーサードスープラGT         シュワガー/織戸   79 -   2 Laps
15  62 500 VemacR&Dダンロップ350R           柴原/密山         77 -   4 Laps
16  31 300 RECKLESS MR-S                    佐々木/後藤       75 -   6 Laps
17   5 300 BANPRESTO B-1マッハ号GT320R      玉中/三船         75 -   6 Laps
18   7 300 雨宮マツモトキヨシアスパラRX7    谷口/大井         75 -   6 Laps
19  43 300 ARTA Garaiya                     新田/高木         75 -   6 Laps
20   2 300 リニューカー・ベルノ東海NSX      高橋/渡辺         75 -   6 Laps
21  77 300 クスコスバルADVANインプレッサ    小林/谷川         75 -   6 Laps
22  81 300 ダイシンADVANシルビア            星野/植松         74 -   7 Laps
23  26 300 PLUS e タイサンアドバンGT3R      山路/西澤         74 -   7 Laps
24  69 300 FK/Massimo 外国屋 ADVAN GT3R     山岸/位高         74 -   7 Laps
25 910 300 910 BOROアドバンポルシェ         平川/宮川         74 -   7 Laps
26  51 300 C-WEST・AUTOSTAFF・ADVANシルビア 尾本/加藤         73 -   8 Laps
27  17 300 Kosei SPIRIT MR-S                松永/長嶋         73 -   8 Laps
28  24 300 EndlassタイサンアドバンGT3R      余郷/浅井         73 -   8 Laps
29  21 300 ダンロプBMW M3GT                 一ツ山/松本       72 -   9 Laps
30   9 300 正義の味方 覆面レーサーXMT       菅/筒井           72 -   9 Laps
31  70 300 外車の外国屋ダンロップポルシェ   石橋/清水         71 -  10 Laps
32   3 300 ハセミスポーツエンドレスZ        木下/柳田         71 -  10 Laps
33  34 300 DENTAIRE MR-S                    西澤/松田         69 -  12 Laps
34 111 300 ARKTECHダンロップGT3             飯島/芳賀         69 -  12 Laps
35 100 500 RAYBRIG NSX                      加藤/光貞         68 -  13 Laps
36  19 300 ウェッズスポーツCELICA           青木/田中         63 -  18 Laps
-----------以上完走----------------------------------------------------------
    55 300 ECLIPSEタイサンADVANバイパー     山田/木下         45 -  36 Laps
    15 300 AMPREX BMW M3GT                  橋本/クワン       42 -  39 Laps
    71 300 シグマMR-S                       城内/澤           42 -  39 Laps
    12 500 カルソニックスカイライン         トレルイエ/井出   40 -  41 Laps
    11 300 JIM RodeoDrive アドバンF360      松田/田中         36 -  45 Laps
    88 500 ノマド ディアブロ JGT-1          古谷/WADA         22 -  59 Laps
-----------------------------------------------------------------------------
Fastest Lap #23 ザナヴィ ニスモ GT-R(本山哲)1'19.792   3/38Laps 167.126km/h




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース