Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC 第5戦 富士 予選/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ

全日本GT選手権シリーズ(JGTC) 第5戦 
「JAPAN SPECIAL GT CUP」  公式予選
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2003年8月2日
■開催場所:富士スピードウェイ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■ GT-R勢は、予選8・9・10番手タイム!

第5戦となった今回の舞台は前戦と同じ富士スピードウェイ。
予選は、各チームとも気温が上がり真夏日になると予想していたが、この日午前の
気温は27℃で前回とさほど変わらない。

午前に行われた予選第1回目は、GT500占有時間に各車ともタイムアタック。20
分の占有時間終盤にどのクルマもタイムアップを果たしたが、この時コースでは赤
旗が提示され、3台のGT-Rはいずれもこれに遮られてしまう。さらなるタイムアッ
プのタイミングを妨げられてしまったものの、#23「ザナヴィ ニスモGT-R」は本
山哲が1分24秒706のベストタイムで7番手、#22「モチュールピットワークGT-R」
はリチャード・ライアンが1分25秒046で本山に続く8位、#12「カルソニックス
カイライン」
はブノワ・トレルイエの1分25秒654で14番手となった。

午後3時25分から2回目の公式予選が行われた。朝サーキット上空を覆っていた
雲が薄くなり、あたりは幾分明るくなったが、気温は大きく上昇することなく、路
面温度も若干高めなレベルであった。
GT300/GT500合同走行から予選はスタートした。午前のセッションで赤旗に
よりタイムアタックのタイミングを逃した#12は、2回目のタイムアップが必須。
予選セットをチェックし、トレルイエのアタックランに備えた。そして、この日最
後の走行となったGT500の占有時間に#12はトレルイエがタイムアップに成功
し、ポジションアップを果たした。
#23は本山がアタックするものの、1回目のタイムにわずかに及ばずの1分24秒818。
#22はライアンがチャレンジし、わずかにタイムアップする1分24秒997を記録し
たが、#18NSXが1回目から3つ順位を上げるタイムを出したため、ポジションを
ひとつ落とすこととなった。
その結果、#23ザナヴィ ニスGT-Rが8位、#22モチュールピットワークGT-Rが
9位を確定、#12カルソニックスカイラインは、1回目よりも約0.4秒タイム
を縮め、10位となった。

決勝レースは、8月3日(日)の午後3時スタート。68周、約300kmで競われ
る。現在の富士スピードウェイでJGTCレースが行われるのは明日が最後。日産ワー
クスのGT-R 3台がこの記念すべきレースでいかに活躍するか、注目を集めている。

■公式予選結果
Pos.  Car Name   No.  Driver    Time
1 auセルモスープラ   #38  竹内浩典 / 立川祐路                     1'24"090
2 ZENT トムススープラ  #1 黒澤琢弥 / マルコ・アピチェラ           1'24"299
3 TAKATA童夢NSX #18 道上 龍 / セバスチャン・フィリップ           1'24"414
4 WOODONE トムススープラ #36 土屋武士 / エリック・コマス          1'24"415
5 エッソウルトラフロー スープラ #35 脇阪寿一 / 飯田 章           1'24"535
6 プロジェクトμエスペリアスープラ #35 服部尚貴 / 脇阪薫一        1'24"560
7 ADVAN スープラ #25 荒 聖治 / ジェレミー・デュフォア            1'24"695
8 ザナヴィ ニスモ GT-R #23 本山 哲 / ミハエル・クルム            1'24"706
9 モチュールピットワーク GT-R #22 リチャード・ライアン / 影山正美 1'24"997
10 カルソニックスカイライン #12 ブノワ・トレルイエ / 井出有治     1'25"385

◆ニスモモータースポーツの詳細は「NISMO official web site」をご覧下さい。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース