Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第2戦 Hi-landスーパー耐久 決勝


今季初優勝のエンドレスアドバンGT-Rと青木孝行(Photo:K.Takeshita)


        
昨年の十勝24時間以来の青木、1年半振りの木下のV!
4月28日、宮城県仙台ハイランドレースウエイでS耐は第2戦の決勝日をむかえ た。12時30分の決勝直前で、気温21度/路温30度と予選時よりも気温は上昇した。 100周先のチェッカーを32台がめざす。 ポールポジションからスタートの#1 FALKEN☆GT-R(竹内浩典/田中哲 也組)は、田中がアタッカーとスタートドライバーをつとめる。予選が僅差で2 番手の#3エンドレスアドバンGT-R(木下みつひろ/青木孝行組)は木下が、3 番手のクラス2のトップ#11三菱PUMAランサーEVOVII(中谷明彦/木下隆之 組)は中谷が、それぞれのスタートドライバーとなっていた。 2回のピットストップが予想されたクラス1は、序盤から#1と#3の接近戦が繰り広 げられた。9周目のシケインで#3木下が#1田中をとらえ、26周目#3は予想より早め のピットストップ。これはルーティーンのストップで青木にドライバー交替。 100周のレースの残りをおおよそ2分割してそこでもう1回のピットストップを行 う作戦だった。この結果40周目では#1が1分先行し、43周目に#1がピットイン。 このため60周目では#3が27秒差でトップに、64周目には#3がピットストップ。80 周目には#1が6秒差でトップという接戦が続いた。84周目に#3がトップに立つ。 そして、残り6周でコース上にマシンが止まったためにセフティカー・ランとな り、この時2回目のストップではタイヤ交換を行っていなかった#1が「タイヤが つらかったから、最後はギャンブルのピットストップでした」と竹内がレース後 に語ったような展開で、残り3周のスプリントレースで猛追を行ったが及ばず、 #3エンドレスが1年半振りに表彰台中央に上がった。 2位は#1、3位には#11クラス2のランサー、5位にはNクラストップの#25AD VAN ALTEZZA(谷口信輝/織戸学組)が、9位にはクラス3トップ#15 C-WESTアドバンRX-7(尾本直史/長島正明/山田英二組)、12位にクラ ス4トップの#8ACID英進館YHS2000(筒井克彦/黒木健次/黒木英春組)と いう各クラスのトップがチェッカーを受けた。 #163H-factoryALTEZZA(脇阪寿一/脇阪薫一/小園ヒロミ組)はヒロミが スタートドライバーをつとめたが25位、クラス4位で完走を果たした。 ウイナー青木孝行のコメント 「予定どおりのレース展開で、約6秒のマージンもつくってもらいました。64周 目に26秒の差ができていたので勝ったと確信しました」 (入場者数:34,340人) Report:K.Takeshita
2002年4月28日 仙台ハイランド(宮城県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ

-P--No.Cl.Car------------------------------Drivers---------Lap--GoalTime---
 1   3  1 エンドレスアドバンGT-R           木下/青木       100  3:21'22.503
 2   1  1 FALKEN☆GT-R                     竹内/田中       100  3:21'31.689
 3  11  2 三菱PUMAランサーEVO VII          中谷/木下        99  -   1 Lap
 4  20  2 RSオガワADVANランサー            小川/福山/伊藤   99  -   1 Lap
 5  25 N+ ADVAN ALTEZZA                    谷口/織戸        97  -   3 Lap
 6  36 N+ MAZIORA ALTEZZA                  黒澤/本吉        97  -   3 Laps
 7   5 N+ 5ZIGEN INTEGRA                   服部/西垣内      96  -   4 Laps
 8  70  2 RENEWCARアドバンランサー         三上/村田        96  -   4 Laps
 9  15  3 C-WESTアドバンRX-7               尾本/長島/山田   96  -   4 Laps
10   9  3 FORTUNE科芸専RX-7                大井/山下        96  -   4 Laps
11  21  2 KUMHO ECSTAランサー              PARK/小宮        95  -   5 Laps
12   8  4 ACID英進館YHS2000                筒井/黒木/黒木   95  -   5 Laps
13  10  4 RED LINEベルノ東海DLDC5          渡辺/菊池        95  -   5 Laps
14  14  3 イエローハットRX-7               小松/千原/入口   95  -   5 Laps
15  57  2 グラムライツSWEET☆GDB           大橋/貞方        94  -   6 Laps
16  94  4 SPOON S2000 ED                   小幡/竹内        94  -   6 Laps
17  95  4 SPOON CIVIC ED                   友森/岡田        94  -   6 Laps
18  71  3 PowerMagiC RX-7                  関根/田畑/三好   94  -   6 Laps
19  91  4 BuddyCLUB-CIVIC                  藤田/チェン      93  -   7 Laps
20  67  4 YAMATOアドバンS2000              嶋村/松浦/長井   93  -   7 Laps
21  48  3 アイエーテックシルビア           中村/小原/大塚   93  -   7 Laps
22  60  4 RCB・DLインテグラ                小幡/柳田        89  -  11 Laps
23  58  4 DUNLOP S2000                     佐藤/高橋/井上   84  -  16 Laps
24* 18  4 インテグラ                       浅野/坂井/笠原   80  -  20 Laps
25 163 N+ H-factory ALTEZZA                脇阪/脇阪/ヒロミ 75  -  25 Laps
----------以上完走--------------------------------------------------------
    22  2 KUMHO ECSTAランサー              大野/杉本/中島   94  -   6 Laps
     7  4 アルゴラボ.YH.S2000              元谷/荒川        86  -  14 Laps
    19  1 JMCダンロップGTR・ED             輿水/吉富        55  -  45 Laps
    54  4 ADVANアンクルDC5                 山内/浅見        23  -  77 Laps
     2  2 アイフェルダンロップインプレッサ 吉田/清水         9  -  91 Laps
    38 N+ エイベックス・アルテッツァ       松田/新田/村山    1  -  99 Laps
    27  3 WAKO'S MAZIORA M3                長島/山岸/牧口  スタート出来ず
--------------------------------------------------------------------------
Fastest Lap #1 FALKEN☆GT-R      1'54.137    3/100   128.151km/h

* #18は、フォーメイションラップ中の黄旗区間の追越しにより、10秒のペナルティ
  ストップを課した。
* #18は、スーパー耐久シリーズ規則第11条(7)d)違反により、ペナルティストップ
  10秒を課した。

セーフィティカー導入は、TOP車両94周イン走行時にコースインし、97周インに離
脱した。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース