Archives

  • [—]2020 (49)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC 第6戦 もてぎGTチャンピオンレース 優勝クルーコメント


(Photo:Motorsports@nifty)

■GT500クラス #16G'ZOX-NSX

伊藤大輔
「本当にほっとしています。前回TAKATAが勝ってるし、ホンダのサーキットということ
でプレッシャーを感じていたので勝ててほっとしました。
開幕したときはあまりのギャップの大きさに愕然としましたが、チームもホンダも頑張
ってここまで仕上げてきました。
レース展開を考えると、予選でなるべく前に行き、スタートしてからは早めに抜いてっ
て上位でトムに渡したかったが、22号車を抜くのに手間取ってしまいました。
でも、(スカイラインは)アンダーが出ていて厳しそうだったのでプレッシャーかけて
いけばいつかミスするだろうと思ってプッシュしました。
ピットストップに関しては、タイヤ的にはまだ余裕がありましたが、前に引っかから
ないうちに入ったほうがいいというチームの判断で早めに入りました。トムのアウト
ラップが良かったお陰で前に出れました。前回のレースでインラップ、アウトラップ
の重要性を再認識したので、練習走行からチームと色々研究して詰めていった結果だと
思います。
今後は、ウェイトを積んでも前にいけるように、更に開発を進めていきたいです。」

トム・コロネル
「今回勝てたことは本当に嬉しい。NSXには98年99年といい思い出があるので、それで
勝てたことは嬉しいです。
アウトラップからずっとプッシュしていきましたが、それはピットアウトしてからずっと
無線で「プッシュしろ」と怒鳴られ続けていたからで、そのときはコマスのスープラが
どこにいるか分からなかったので「どこだ」と怒鳴り返したところ「すぐ後ろだ」と
言われ、ミラーでスープラが確認できて初めてチームの指示に感謝しました。」

■GT300クラス #71シグマDUNLOPセリカ

澤圭太
「もてぎに来る前にいろんなことがあって、自分を取り巻く環境も変わり、ここでどう
しても勝たなければならないと思ってやってきました。
ポール・トゥ・ウィンがチームの至上命令でしたが、ポールを取れなくて昨日は悔しい
思いをしました。
レースではクルマの方向性を変えて、タイヤを傷めないセッティングを見つけられました。

走り出してから10周は思い切りプッシュして、一段落してからはラインを外さずタイヤ
を壊さないよう気をつけて走りましたが、終盤リヤがきつくなってペースダウンして
しまいましたし、思いのほか19号車が速かったので最後の90度コーナーではギリギリ
のブレーキ勝負をしました。
レース終わってからは嬉しくてはしゃぎすぎてしまい、クルマの屋根の上で飛び跳ねて
凹ませてしまいました。戻ってからきっと怒られると思います(笑)」

片岡龍也
「このクルマには鈴鹿1000kmで初めて乗って勝つことが出来たので、ポテンシャルの
高さは充分分かっていましたが、リヤタイヤに問題があったので、タイヤをもたせる
方向だけを考えてセッティングしてきました。
予選で走ったときは正直言って勝てないと思いましたが、予選終わってからミーティング
をして、セッティング変更をしたらいいところにハマって、そのことを今日のウォーム
アップで確認できてから『勝てるかも』と思うようになりました。
レースではペースを気にせず出来るだけのペースでプッシュしましたが、新田さんの
上手さに押さえ込まれてしまいました。
今回デビュー戦で優勝という、いいスタートを切れたことに関しては、チャンスをくれた
人たちに感謝しています。」


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース