Archives

  • [—]2020 (49)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC第6戦 もてぎGTチャンピオンレース 決勝


いよいよNSXの逆襲が始まった(Photo:K.Takeshita)

JGTC第6戦もてぎGTチャンピオンレースは、昨日に引き続いて快晴のもとで行われ、
GT500は今週末好調を維持してきた#16G'ZOX-NSXがポールシッターの#36WOODONEトムス
スープラを見事なピットワークでかわして今季初優勝を飾り、GT300でも#71シグマ
DUNLOPセリカが#19ウェッズスポーツCELICAの猛追を振り切って鈴鹿1000kmに引き続いて
の優勝を飾った。(GT選手権では今季初)

今週末ずっと好天に恵まれているツインリンクもてぎは決勝日も厳しい残暑に見舞われ、
スタート直前時点での気温は34度、路面温度は47度に達していた。
そんななか、レースは予定通り午後2時にスタートし、PPの#36WOODONEが危なげなく
1コーナーを制すると、そのままぐんぐんと後続を引き離していった。
その後方では#22モチュールピットワークGT-Rと#16G'ZOX-NSXが熾烈な2位争いを展開、
#16伊藤大輔は何度もアタックを仕掛けるが#22影山正美も簡単には譲らず、結局90度
コーナー手前でインをついて抜き去るまでには10周を要してしまった。
この間に#36との差は5秒以上に広がってしまったが、2位に上がってからの伊藤の追い
上げはすさまじく、ピットストップ直前の26周目にはその差を1.1秒まで縮めてきた。
予選ではウェイトハンデを抱えながらも好タイムを記録していたスカイライン勢だったが、
決勝では思うような走りが出来ず、G'ZOXに攻略された#22号車だけでなく#12カルソニック
も#23ザナヴィもじりじりと順位を下げてしまう。
その一方で#64Mobil1や#100RAYBRIGらのNSX勢は序盤から積極果敢に前に出て行こうと
する。
これに#1エッソウルトラフローや#38auセルモらのスープラが絡んで、セカンドグループ
以降は抜きつ抜かれつの接近戦がそこかしこで繰り広げられた。

トップの#36を除く上位陣は27周目に相次いでピットストップを敢行。
ここで手際よく作業を終わらせた#100RAYBRIGが#38auの前でピットアウト。
トム・コロネルに交代した#16もアウトラップから猛然とプッシュして、#36がピット
ストップを行った29周目には遂にこれをかわして実質上のトップに上がると、そのまま
後続を突き放して63周を走りきって今季初優勝、開幕から苦戦の続いたNSX勢としては
前回の富士に続いての2連勝を飾った。

一方、ランキング首位を争う#23と#1は、#23本山がファイナルラップでストップ。
#1は一時3位まで上がったものの終盤ペースダウンして4位でレースを終えた。

GT300はPPの#43ガライヤを#77インプレッサ、#71セリカ、#11フェラーリが追う展開で
始まり、この後方から#19セリカもじわじわと順位を上げてきた。
このうち、#11フェラーリは10周目に燃料系のトラブルで、#77はクラッチトラブルから
23周目にストップ。トップ争いは#43と#71の2台に絞られた。
今回がGT選手権デビュー戦となる#71片岡龍也は序盤で#77インプレッサを抜いて2位に
上がると積極果敢に#43新田守男を追いたて、25周目のS字でインを奪うとそのまま
トップに躍り出て、28周目に澤圭太にバトンタッチ。ピットストップを33周目まで
引っ張った#19セリカに一時は10秒近い差をつけたが、#19田中実の追い上げはすさまじく、
57周目にはなんと0.5秒差まで詰め寄ってきた。
勝負が決したのは58周目の90度コーナーだった。
澤自身も「お互いに後先を考えない」と語るとおりのギリギリのブレーキ勝負の結果、
両者グラベルに飛び出し、澤はすぐにコース復帰したものの田中は無念にもスタック。
これにより#71シグマの今季初優勝が決まった。
2003年9月14日 ツインリンクもてぎ(栃木県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
-P.-No.Cls-Car------------------------------Drivers----------Lap-Time/Diff---(WH)
 1  16 500 G'ZOX-NSX                      伊藤/コロネル    63  1"38'35.192 (10)
 2  36 500 WOODONEトムススープラ            土屋/コマス      63        5.621 (50)
 3  25 500 ADVAN スープラ                   荒/デュフォア    63       36.188 (10)
 4   1 500 エッソウルトラフロースープラ     脇阪/飯田        63       36.583 (90)
 5 100 500 RAYBRIG NSX                      加藤/光貞        63       37.042 (10)
 6  12 500 カルソニックスカイライン         トレルイエ/井出  63       41.561 (50)
 7  39 500 デンソーサードスープラGT         シュワガー/織戸  63     1'02.188 (20)
 8 * 8 500 ARTA NSX                         土屋/金石        63     1'18.464
 9  38 500 auセルモスープラ                 竹内/立川        63     1'37.770 (80)
10  37 500 ZENTトムススープラ               黒澤/アピチェラ  63     1'42.099 (10)
11  23 500 ザナヴィ ニスモ GT-R             本山/クルム      62       1Lap  (110)
12  35 500 プロジェクトμエスペリアスープラ  服部/脇阪        59       4Lap   (10)
13  71 300 シグマテックDUNLOPセリカ         片岡/澤          59       4Lap   (20)
14  43 300 ARTA Garaiya                     新田/高木        59       4Lap   (10)
15   3 300 ハセミスポーツエンドレスZ        木下/柳田        59       4Lap   (50)
16  81 300 ダイシンADVANシルビア            星野/植松        58       5Lap   (30)
17  34 300 DENTAIRE MR-S          西澤/松田        58       5Lap
18  31 300 RECKLESS MR-S                    佐々木/後藤      58       5Lap   (55)
19  51 300 C-WEST・AUTOSTAFF・ADVANシルビア 尾本/加藤        58       5Lap
20  19 300 ウェッズスポーツCELICA           青木/田中      57       6Lap   (70)
21  17 300 Kosei SPIRIT MR-S                松永/長嶋        57       6Lap
22  69 300 FK/Massimo 外国屋 ADVAN GT3R     山岸/位高        57       6Lap
23 911 300 高見沢バイタルポイントGT3R       高見沢/砂子     57       6Lap
24  61 300 R&DスポーツダンロップGT3R    勝間田/井原      57       6Lap
25  15 300 AMPREX BMW M3GT                  橋本/クワン      57       6Lap
26  22 500 モチュールピットワークGT-R       ライアン/影山    56       7Lap   (50)
27   7 300 雨宮マツモトキヨシアスパラRX7    谷口/大井        56       7Lap
28 910 300 910 BOROアドバンポルシェ         平川/宮川        55       8Lap
29 111 300 ARKTECHダンロップGT3             飯島/芳賀        55       8Lap
30  70 300 外車の外国屋ダンロップポルシェ   石橋/伊橋        54       9Lap
31  18 500 TAKATA童夢NSX                    道上/フィリップ  52      11Lap   (60)
32  24 300 EndlassタイサンアドバンGT3R      余郷/浅井        47      16Lap   (30)
33   2 300 リニューカー・ベルノ東海NSX      高橋/渡辺        47      16Lap   (10)
34  88 500 ノマド ディアブロ JGT-1          山西/WADA        44      19Lap
----------------------以上完走---------------------------------------------------
35  55 300 ECLIPSEタイサンADVANバイパー     山田/木下        37      26Lap   (25)
36  26 300 PLUS e タイサンアドバンGT3R      山路/西澤        36      27Lap   (60)
37   5 300 BANPRESTO B-1マッハ号GT320R      玉中/三船        32      31Lap   (10)
38  64 500 Mobil 1 NSX                      松田/ロッテラー  31      32Lap
39  62 500 VemacR&Dダンロップ350R           柴原/密山        31      32Lap
40   9 300 正義の味方 覆面レーサーXMT       石川/筒井        26      37Lap   (10)
41  77 300 クスコスバルADVANインプレッサ    小林/谷川        22      41Lap
42  76 500 イエローコーンマクラーレンGTR    清水/田嶋        11      52Lap
43  11 300 JIM RodeoDrive アドバンF360      松田/田中         9      54Lap   (35)
----------------------------------------------------------------------------------
Best Lap : #38auセルモスープラ 1'49.613(45/63)
規定周回数:44

*#8は、2003全日本GT選手権統一規則書 第34条2.違反(ジャッキアップ中のエンジン始動)
により、ドライビングスルーペナルティを課した。




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース