Archives

  • [—]2020 (196)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第7戦岡山公式予選 大嶋痛恨のクラッシュ!ポールは石浦。

全日本F3選手権第7戦の公式予選は、石浦宏明(TDPトムス)が1分25秒549を記録してポールポジションを獲得した。

f3_r07_q_ishiura

f3_r07_q_javis

f3_r08_q_tsukakoshi

午前11時00分、公式予選が開始された。残り時間は7分だ。
真っ先にコースインしたのは石川資章。他のドライバーは開始3分過ぎに漸くコースに出て行った。

しかし、各ドライバーが徐々にペースを上げ、 本格的なアタックに入った開始7分過ぎに大嶋和也が1コーナーでコースアウトしたために赤旗中断となってしまう。
大嶋のダラーラは左フロントサスペンションを破損し、走行を続けられない状態に。
しかも大嶋はこの時点でまだタイムを出していなかったため、ここで予選最後尾が確定してしまった。

大嶋の車両を回収した後、11時11分に予選は再開された。
ここでトップタイムを記録したのは大嶋のチームメイトの石浦だ。
オリバー・ジャービス、塚越広大がそれに続き、ポイントリーダーのロベルト・ストレイトは4番手となった。

第7戦決勝は今日午後4時10分より、18周で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース