Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第6戦 TIスーパー耐久レース/SUBARU WRC エクスプレス

スーパー耐久シリーズ2003第6戦
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■開催月日:2003年9月6-7日
■開催場所:TIサーキット 英田
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇ インプレッサ今季2回目の1-2フィニッシュで
    2年連続チャンピオンへ王手!

スーパー耐久シリーズ2003第6戦は、9月6~7日に岡山のTIサーキット英田
で開催され、吉田寿博/清水和夫組の#2 FUJITSUBOIMPREZAがク
ラス2で今季3勝目を挙げた。また村山智之/松田晃司組の#22 avexインプレッ
サも2位でゴール。第2戦鈴鹿以来の1-2フィニッシュを遂げた。この結果によ
り#2インプレッサは、残る2戦のどちらかで優勝すれば2年連続のチャンピオン
獲得となる。

予選では、#2インプレッサが、クラス2のコースレコードとなる1分39秒322
を出しポールポジションを獲得。また#22インプレッサは、ブーストが上がらな
いというトラブルが発生。1分40秒729でクラス5位となった。

決勝日の8時から行われたフリー走行で、#2インプレッサが走行中にブレーキト
ラブルのためコースアウト。しかし幸いにもダメージは小さく、決勝までに車両は
修復された。いっぽう#22インプレッサも、ブーストのトラブルが完全に解消さ
れていなかったため、原因と考えられるパーツはすべて交換して決勝に臨む事となっ
た。

109周の決勝レースは13時にフォーメイションがスタート。#2インプレッサ
は序盤からクラストップを快走。また#22インプレッサも1周目に2台をかわし、
序盤からインプレッサは1-2態勢を固めた。
58周に#2インプレッサがピットインして清水に交代。また62周で#22イン
プレッサもピットインして村山に交代。レースが2/3を経過した時点でクラストッ
プを走っていた#11ランサーもピットイン。
これで再びインプレッサの1-2態勢となった。ところがフレッシュタイヤを得た
#11ランサーが#22インプレッサの背後に迫り、2台の差は一気に1秒半ほど
まで縮まった。しかし、#22インプレッサの村山も慌てることなくポジションを
キープ。#11ランサーも序盤のアクシデントでサスペンションを痛め、またブレー
キにもトラブルを抱えていたためにこれ以上ペースは上げられず、徐々に2台の差
は広がっていった。

終盤、トップを行く#2インプレッサの清水は、ペースを落として余裕の走行。#
22インプレッサの村山も安定したペースで周回を重ね、#2インプレッサが今季
3勝目、2台のインプレッサは今季2回目の1-2フィニッシュを飾ることとなっ
た。

これでシリーズポイントは、#2インプレッサが102点、2位#11ランサーは
85点となりその差は17点。ポイントは全8戦中有効7戦だが、#2インプレッ
サは次のレースで優勝すると2年連続のチャンピオンを獲得することになる。また
#22インプレッサもシリーズ4位に浮上した。

清水和夫選手(#2インプレッサ  クラス優勝/総合6位)
「クルマもチームもパーフェクト!  残り2戦はチャンピオンを取ろうという欲を
  出さずに、去年みたいにチャレンジャーの気持ちでレースに集中して、ミスない
  よう自分のベストを尽くすだけ。チームワークも大事だけれど、無心で行きます」

村山智之選手(#22インプレッサ  クラス2位/総合7位)
「セーフティカーの導入は僕たちにとってはアンラッキーなタイミングでした。交
  代して(#11ランサーに)追いつかれそうになったんですが、以前より余裕を持
  つことができてマイペースを心がけて走りました。
あとはぜひ優勝したいですね」


■Race Results(クラス2)
Pos.No.  Driver  Car Name                               Laps  Time/Diff
1.  #2  吉田寿博/清水和夫     FUJITSUBO IMPREZA        104   3:07'58.146
2. #22  村山智之/松田晃司     avex・IMPREZA            104      +'62.863
3. #11  中谷明彦/木下隆之     ジアラーランサーEVO VIII 103       +1Laps
4. #70  三上和美/藤澤哲也     リニューカーTCPROアドバン103      +1Laps
5. #56  松本達哉/日部利晃     NUTEC ダンロップランサー 102      +2Laps
6. #20  小川日出生/小林且雄/大野尊久  RSオガワADVANランサー100 +4Laps

◆スバルモータースポーツの詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
[スバルモータースポーツマガジン]


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース