Archives

  • [—]2020 (161)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第4戦鈴鹿決勝 ロベルトが横綱相撲で優勝 (INGING)

 前日に引き続き曇り空の鈴鹿で、F3第4戦の決勝が行われた。前日の予選の結果により、今日のレースはポールポジションから。INGINGのドライバー、ロベルト・ストレイトは、昨日行われた第3戦決勝でも粘りのレースで、3位に入賞している。

 フォーミュラニッポン朝の走行直後、F3はピットロードに整列し、ウォームアップに入った。数周を回る間に、ピット出口でのスタート練習も行い、グリッドに着くと9時35分。ロベルトはクルマをほとんど調整せず、タイヤ圧のチェックやペダルの調節をした程度。クルマは仕上がっているようだ。

 9時49分きれいにスタートしたロベルトは、他車を牽制しながら1コーナーに入っていく。1周目、2位に0.5秒差をつけて帰ってきたロベルトは、その後も順調に後続との差を開いてゆく。ラップタイムは1分56秒台をキープし、4周目には1秒、10周目には2秒の差をつけて順調にレースをリードする。10周を超えると、ロベルトは後方との差をコントロールしながら、完全にレースを支配しているかのようだ。そのまま、最終ラップまで大きな波乱も無く過ぎたレースは、ロベルトの今期初優勝で終了。INGINGにとっては、昨年のオートポリス以来の嬉しい勝利となった。

 この後行われた表彰式で、ロベルトは昨日に引き続いてポディウムに乗ったが、今回はセンターに立ち、彼にとって全日本で5回目となる優勝に喜びを爆発させた。

 この優勝によって、ロベルトはランキングで10ポイント差の3位となった。横綱相撲で勝ったこのレースの勢いを次戦に引継ぎ、是非ともチャンピオンを目指してもらいたいものである。

 INGING Motor Sportsは、皆様のご支援、ご協力に心から感謝すると共に、今後も応援してくださいますよう、お願い申し上げます。

Text: INGING MOTORSPORTS



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース