Archives

  • [—]2019 (183)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第4戦富士決勝 優勝ドライバーのコメント

ST1クラス優勝 ARTA DENAG GT3
田中哲也

結果だけ言えばパーフェクトでしたけれど、完璧だったのは十勝でしたね。贅沢を言えばもっと接戦になってレースを盛り上げたい。ピットアウトするときにエンジンがかからなかったり、クールスーツが序盤効かなかったりという細かいトラブルはありましたし、接戦だったらどうなっていたかという部分はあります。嬉しいと言うより『ああ、良かった』とホッとするという気持ちです。次の岡山は(佐々木)孝太もチームが地元ですし、タイヤも一緒ですから後半戦は気を引き締めていかないとと思います。

新田守男
内容的には中盤ミスしたのが不満ですね。100Rにオイルが出ていて、その時はオイル旗が出てなくていつものラインを走っていたらリアが出てそのまま頑張ってガードレールまで行ったら困るので、わざとクルマをスピンさせました。序盤、プッシュしたと言うけどそれほどじゃないですよ。タイヤがいかれるほどのことはしてないです。

まとめ:Keiichiro TAKESHITA



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース