Archives

  • [—]2020 (143)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第3,4戦鈴鹿予選 第4戦予選でPP! 第3戦決勝は3位表彰台 (INGING)

 曇りから晴れへと変わった天気予報通り、全日本F3選手権の2回目のイベントは、晴れ間の見える鈴鹿サーキットで、土曜日の予選から行われた。

 金曜の専有走行で、午後にトップタイムを記録したIngingのロベルト・ストレイトは、総合結果を見ても、千分の5秒差の2番手。パパになったばかりの彼は、開幕戦後にブラジルに帰り、初めてベビーに会ってきた。当然ながらメンタル面を含め、ロベルトは非常に調子がいい。

 F3の予選は、土曜日の午前に2回行われる。1回目がその日午後に行われるレースの、2回目が翌日行われるレースの予選だ。1回目の予選、ロベルトは立ち上がり早々からトップタイムを記録して、仕上がりの良さをアピールする。しかし、15分の予選後半に宿敵36号車に抜かれて2番手。タイムは、1分54秒537。36号車に0.302秒届かなかった。ちなみに、この時のポールタイムはF3のコースレコードとなった。

f3_r04_q_streit  2回目の予選は、1回目終了の10分後。ドライバーはコックピットから出る暇も無く、次へ向けての準備に余念がない。このセッションが開始されて数分後、ロベルトはゆっくりとコースイン。最初の計測ラップは2分台で流して走る。残り6分となった時、彼のアタックラップはきれいに決まり、36号車に0.1秒以上の差をつけ、1分54秒187でトップタイムをだした。その後、1コーナーで黄旗が出て、予選はそのまま終了。ロベルトは、日曜のレースのポールシッターとなった。尚、このタイムは、予選1回目で更新されたコースレコードを更に上回るもので、これから暫くの間、彼は記録保持者ということになる。

 この日のイベントで、最終のプログラムとなるのがF3レースだ。1回目の予選により、グリッドは2番。前には36号車がいるのみだが、非常に手ごわい相手だ。タイヤの空気圧などを調整の後、グリッドに着く。16時9分にきれいなスタートで始まったレースで、ロベルトは2位をキープ。36号車とその同僚1号車に挟まれて、レースは淡々と進んでいく。4ラップ目までは1秒台だったトップ差は、5周目以降2秒以上に開いていく。さらに後方から追い上げる1号車との間隔は、常に1秒以下。極端に減らしたダウンフォースのため、タイヤを使用するにつれて、グリップが失われていく状態のクルマをロベルトはなんとか操るが、8周目になって1コーナーで1号車に抜かれてしまう。その後、トップ差は開いていくものの、常に56秒台で走りきったロベルトは、3位表彰台へ上ることとなった。

 100%満足できる結果ではないが、今の状態ではこれが精一杯。家族から離れて日本で生活をしているロベルトが、明日はなんとか踏ん張って、彼の愛娘ジュリアに優勝をプレゼントしてもらいたいものである。

Text: INGING MOTORSPORTS / Photo: Motorsports Forum



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース