Archives

  • [—]2023 (590)
  • [+]2022 (810)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

第2戦富士公式予選 HELM MOTORSPORTS GTR GT3がポールポジション 24時間連覇に向け好発進

ST-XクラスポールポジションはHELM MOTORSPORTS GTR GT3(HELM MOTORSPORTS)

 ENEOS スーパー耐久シリーズ2023第2戦「NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース」は26日、富士スピードウェイで公式予選を行い、ST-Xクラスの1号車HELM MOTORSPORTS GTR GT3が総合のポールポジションを獲得した。

 公式予選は正午より行われた。A、Bドライバーの総合タイムで明日決勝のグリッドが決定する。

 総合優勝を争うと思われるST-Xは5台が参加。1号車HELM MOTORSPORTS GTR GT3はAドライバーの鳥羽豊、Bドライバーの平木湧也ともトップタイムをマークし、総合でのポールポジションを獲得した。昨年の24時間覇者は連覇に向け、好スタートを切った。

 ST-Zクラスは、52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GT4(山崎学/吉田広樹)が、ST-Qクラスは230号車Nissan Z Racing Concept(平手晃平/佐々木大樹)が、ST-1クラスは2号車シンティアムアップルKTM(井田太陽/加藤寬規)が、ST-2クラスは6号車新菱オートDIXCEL夢住まい館エボ10(冨桝朋広/菊地靖)が、ST-3クラスは15号車岡部自動車フェアレディZ34(甲野将哉/長島正明)が、ST-4クラスは884号車 シェイドレーシングGR86(影山正彦/国本雄資)が、ST-5クラスは50号車LOVEDRIVEロードスター(大井貴之/勝木崇文)がそれぞれポールポジションを獲得している。

 決勝は明日27日午後3時にスタート。24時間先のゴールを目指し、争いの幕が切って落とされる。

ST-Zクラスポールポジションは埼玉トヨペットGB GR Supra GT4(埼玉トヨペットGreen Brave)

ST-1クラスポールポジションはシンティアムアップルKTM(KsフロンティアKTMカーズ)

ST-2クラスポールポジションは新菱オートDIXCEL夢住まい館エボ10(シンリョウレーシングチーム)

ST-3クラスポールポジションは岡部自動車フェアレディZ34(OKABEJIDOSHA motorsport)

ST-5クラスポールポジションはLOVEDRIVEロードスター(LOVEDRIVE RACING)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Kazuhiro NOINE


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース