Archives

  • [—]2022 (611)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

第6戦決勝 笹原右京が大荒れのレースを制し初優勝

優勝した笹原右京(TEAM MUGEN BINGO SF19)

 2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の決勝が、7月17日、静岡県の富士スピードウェイでで行われ、荒れたれースを冷静に走った笹原右京(TEAM MUGEN BINGO SF19)が、運も味方に嬉しい初優勝を飾った。

 雲は多いものの完全に天候は回復。ドライコンディションのなかで決勝のスタートを迎えた。

 ところが、天候とは裏腹にレースは序盤から大荒れとなった。

 まず、フォーメイションラップの最終コーナーを立ち上がったところで、松下信治(BYOUBUGAURA B-MAX SF19)がタイヤを温めようとしてバランスを崩しエンジンストップ。コースサイドにマシンを止める。

 これでスタートディレイとなり、改めてフォーメイションラップを行い1周減算された40周のレースとなった。

 波乱は続き、スタート後のTGRコーナーで、11番手スタートの平川亮(carenex TEAM IMPUL SF19)に、スタートで抜かれた大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING SF19)が後方から接触。スピン状態になった平川のフロントノーズに三宅淳詞(TEAM GOH G01 SF19)が乗り上げる形となり、マシンにダメージを負った平川と三宅はリタイア。大湯にはドライビングペナルティが課されることになった。

 さらに3周目のTGRコーナー立ち上がりで、6位争いを演じていたサッシャ・フェネストラズ(REALIZE Corporation KONDO SF19)に山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING SF19)が接触。コントロールを失ったサッシャはアウト側のバリアに激しくクラッシュ。モノコックと後方のエンジン部分が真っ二つになるほどの衝撃だった。

 このアクシデントで6周に渡ってセーフティカーが導入されることになる。

 この時点のトップは関口雄飛(carenex TEAM IMPUL SF19)。以下、野尻智紀(TEAM MUGEN MOTUL SF19)、坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING SF19)、牧野任祐(DOCOMO DANDELION M5S SF19)、阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING SF19)と続く。

 9周終了時に再スタートが切られ、規定の10周を過ぎると、何台かのマシンがピットインを始める。その筆頭が2位を走行していた野尻だ。トップ奪還を目論んで早めのピットを敢行する。

 その後は落ち着いた展開になり、関口、坪井、牧野、そして後方から混乱をくぐり抜けた笹原が上がってくる。トップの関口が気になるのはピットインを済ませた野尻の位置だ。

 レース折り返しの20周を過ぎた時点で、ピットインを済ませたマシンは10台。トップ関口を含めた上位陣はピットインをしないままレースは後半に突入。

 関口が動いたのは25周終了時。ピットに滑り込むと5秒台という驚異の速さでタイヤ交換を済ませコースに復帰。関口は野尻の前でコースに戻り、してやったりの展開かと思われた。ところが、ここで後半の波乱が待っていた。

 あろうことか、ダンロップコーナーで関口の左リヤタイヤが外れ、コントロールを失った関口はたまらずスピン。コース上にストップしてしまった。

 これで2度目のセーフティカーとなるが、ここで勝負の明暗が分かれた。ここまでピットインしていなかった坪井は26周目、笹原は27周目にピットに滑り込むと、まんまと野尻の前に出ることに成功。

 トップに立った笹原は、リスタート後の残り10周レースで坪井の追撃を振り切って、初優勝のチェッカーを受けた。

 今シーズン、ぎりぎりまで参戦が決まらず、参戦後も野尻の影に隠れた存在だった笹原だが、一気にランキング6位に躍り出ることになった。

Text & Photp: Shigeru KITAMICHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース