Archives

  • [—]2022 (463)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

第2戦富士ウォームアップ ST-XクラスのDAISHIN GT3 GT-Rがトップタイム

ウォームアップ: ST-XクラストップタイムはDENSO LEXUS RC F GT3

 心地よい風の吹く晴天のドライコンディションで午前9時30分から40分間で行われた決勝レース目の最終チェックのためのウォームアップ走行。

 ここでは、ST-Xクラスの81号車DAISHIN GT3 GT-Rが1分42秒270をマーク。ST-1は2号車シンティアムアップルKTMが48秒039、ST-Zクラスは310号車GRGarage水戸インターGR SUPRA GT4が49秒536、ST-Qは3号車ENDLESS AMG GT4が49秒662、ST-TCRは97号車Racer HFDP CIVICが52秒967、ST-3クラスは52号車埼玉トヨペットGBクラウンRSの53秒980、ST-2クラスは225号車KTMS GR YARISの54秒877、ST-4クラスは884号車シェイドレーシングGR86の2分00秒821、そしてST-5クラスは2分06秒665のクラストップタイムをマークした72号車OHLINS Roadster NATSと続いた。

 このあと、午後3時から24時間の決勝レースが行われる予定だ。

ウォームアップ: ST-ZクラストップタイムはGRGarage水戸インターGR SUPRA GT4

ウォームアップ: ST-QクラストップタイムはENDLESS AMG GT4

ウォームアップ: ST-TCRクラストップタイムはRacer HFDP CIVIC

ウォームアップ: ST-1クラストップタイムはシンティアムアップルKTM

ウォームアップ: ST-2クラストップタイムはKTMS GR YARIS

ウォームアップ: ST-3クラストップタイムは埼玉トヨペットGBクラウンRS

ウォームアップ: ST-4クラストップタイムはシェイドレーシングGR86

ウォームアップ: ST-5クラストップタイムはOHLINS Roadster NATS

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース