Archives

  • [—]2022 (757)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

鈴鹿S-FJ選手権

第6戦鈴鹿公式予選 居附明利が森山冬星とのタイム更新合戦を制しポールポジション 3位には難病から回復した八巻渉が入る

ポールポジションは居附明利(SAccess Racing Es)

 スーパーFJ地方選手権鈴鹿シリーズは3日、鈴鹿サーキットで最終第6戦の公式予選を行ない、森山冬星(DIXCEL/ROYAL/MYST)とのタイム更新合戦を制した居附明利(SAccess Racing Es)がポールポジションを獲得した。

 公式予選は午後2時30分より20分間で行われた。三重県は、南の海上を北上する台風11号の影響で、昨夜、北部と南部に大雨警報から避難指示が出る荒れた天候となった。避難指示は解除されたが、鈴鹿は早朝よりどんよりした雲に覆われた。しかし、午前中から天候は回復。予選の始まる頃には日差しが戻り、蒸し暑い残暑のなかでセッションは進行した。

 このレースは岡本大地と大木一輝がもてぎで行われているスーパー耐久に、また、清水啓伸と渡会太一が茂原で行われているカートOK部門に出場するため有力選手の4人が不出走。参加は21人となった。

 開始早々、初参戦の久保直也(AQUAだーはまRacing)がS字で飛び出し黄旗が提示される。これが解除されるとここから本格的なタイムアタックが始まる。

 予選は、ランキングトップの森山と、同2位・居附のシーソーゲームとなった。

 まずは居附が4周目に2分17秒061でトップに立つと、森山が16秒795で逆転。居附は次周、16秒793と僅差でうわまわり再度トップを奪い返す。

 しかし森山も5周目には2分16秒746と再びトップを奪取。居附も負けていない。 7周目には16秒731をたたき出してトップに浮上。次周にはさらにタイムを16秒684まで縮めてポールポジションを確定した。2位には森山が入った。

 3位には2分16秒817で八巻渉(中日本自動車短期大学MSE学科KK-SII)が入った。八巻は前戦、難病に指定されている潰瘍性大腸炎を発症し、出場を断念。今回、病状は回復し体重が7キロ落ちたというものの、病み上がりで3位に食い込む大健闘となった。

 4位には小川涼介(M2 KK-SII)が、5位にはベテランの板倉慎哉(AMORE TOKYO☆表参道☆KKSII)が、6位には卜部和久(MYST KK-SII)が入った。

 今シーズン最後の決勝は明日、午後2時20分より10周で行われる。森山は8位以上に入れば、居附の結果いかんに関わらずチャンピオンが決定する。森山が圧倒的に有利だがレースは何が起こるか分からない。

予選2位は森山冬星(DIXCEL/ROYAL/MYST)

予選3位は八巻渉(中日本自動車短期大学MSE学科KK-SII)

予選4位は小川涼介(M2 KK-SII)

予選5位は板倉慎哉(AMORE TOKYO☆表参道☆KKSII)

予選6位は卜部和久(MYST KK-SII)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース