Archives

  • [—]2023 (2)
  • [+]2022 (810)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJ日本一決定戦

日本一決定戦富士決勝ドライバーコメント 優勝・清水啓伸「コーナーでついて行けたのがよかった」

優勝 34号車・清水啓伸(Drago CORSE)

優勝した清水啓伸(Drago CORSE)

 「(勝因は?)粘って、バトルしていたことですかね。正直けっこうついて行くのもきついぐらいで、自分はストレート速いのですけれど、コーナーが岡本選手や森山選手に負けていて、そこでついていかないとストレートでもちょっとキツいかな、っていう感じだったので。そこのコーナーでなんとかついて行けたのがよかったのかなと思います」

優勝チーム監督 Drago CORSEチーム代表・道上龍

優勝した清水啓伸と道上龍監督(Drago CORSE)

 「彼は今年初めて日本一決定戦出ているのですけれど、こういう大舞台で優勝できたことはすごくよかったなと思う。だいぶ彼も練習してきましたし、ホンダのレーシングスクールを合格することができない悔しさもあったでしょうから、そこで森山冬星選手とかホンダのスクールを首席で受かっている選手をこの日本一で打ち負かしたということは彼の今後の自信にもつながるでしょうから。これから次何をするかわからないですけれど、また彼を応援して行ければいいかなと僕は思っています」

2位 39号車・居附明利(SAccess Racing Es)

決勝2位の居附明利(SAccess Racing Es)

 「頑張って前に追いつこうと思ったのですけれど、なかなかペースおんなじで、追いつけなくて、苦しいレースでした。自分の中で納得できるレース(内容)でなはい、という感じで、もうあとひと押し速さが欲しかったです。苦しかったです。オープニングラップもなかなかタイヤが暖まらなくて、昨日に比べたらタイヤのフィーリングがあまりよくなくて、それで全然ついて行けなかったです。暖まるまで時間かかりました。暖まってからはだんだんペースよくなったのですけど、向うも同じペースで、追いついたり離れたりを繰り返してました。(岡本選手と森山選手の接触は目の前だった?)100Rからけっこうバチバチにやっていたので、ちょっと危ないかなと思って離れて。100Rで清水選手のインにねじ込もうと思えばいけたのですけれど、清水選手も外側からイン側に戻ってきたので、そこはセーブしてよかったです。Bコーナーは森山選手もイン側ギリギリで、岡本選手は真ん中へんで結構詰めていたので、ちょっと危ないかな、と思っていました」

3位 8号車・岡本大地(FTK・レヴレーシングガレージ)

決勝3位の岡本大地(FTK・レヴレーシングガレージ)

 「最初の2周ぐらいは逃げていて、そのまま逃げ切れたら逃げ切ろうというレースで、その感じで行けてたのですけれど、中盤から森山選手が追いついてきて。スリップ圏内にちょっとだけ入れてしまったのがよくなくて。最初逃げ切れていたらもっと違った展開になったのですけれど、逃げ切れんかったので。中盤以降は逃げ切れんようになって、切り替えて、集団のマッチレース、頭脳戦レースになるなと、いう感じで。最終ラップまでは自分のシナリオ通りに進んでいて、最終ラップ3位で回って100Rで2番に上がって、Bコーナーで1番に上がって第3セクター逃げ切ってフィニッシュ、っていうのがシナリオやったんですけれど、最後のBコーナーで森山選手と当たっちゃって。シナリオ通り行ってたのですけれど当ったのはホンマよくなかったので、当たっている以上も僕にも責任はあると思うので、ちょっと残念な結末でした。また出直します」

4位 13号車・田上蒼竜(A'sカンパニーZAP ED)

決勝4位の田上蒼竜(A'sカンパニーZIP ED)

 「レース前にちょっとギャンブル的なこと(セッティング)をやったと言いましたけれど、裏目に出ちゃって、中々ペースが上がらなくて。昨日100Rで稼いだ分をストレートで払ってみたいな繰り返しだったのですけれど、100Rも遅くなっちゃって、追いつける場所が無くなっちゃって。だからもうペースが無かったので、どんどん後ろの方を行かせて前で争わせて、最後ワンチャンを狙ったのですけれど、惜しかったですね。最後の3位争いもなんですけれど、岡本選手がちょうど自分の前に戻って来てフタされちゃったので、それでもうチャンスが無くなっちゃった感じです。まあでも、苦しい中で、たぶんペース一番悪かった中ではけっこうできたかな、と思いますので悔しさは残りますけれどけっこうスッキリはしています」

5位 6号車・藤原大暉(ACELINESレヴレーシング)

決勝5位の藤原大輝(ACE LINESレヴレーシング)

 「スタートで後ろの八巻選手を抑えるのに時間かかっちゃって、それでちょっと前との差がひろがっちゃって、それを縮め切ってレースは終わっちゃいました。でもベストタイム見るとトップと変わらないぐらいで走っていたので、まあよかったかなとは思います。最後の最後で合わせ切れてきたのかな。もうちょっとあのバトルに食い込みたかったです。もうちょっと近かったら楽しかったのですけれど(笑)、でもまあ後ろからどんどん前が詰まっていく楽しさはありましたけど、順位上げることができず。また機会があれば出てみたいですね」

6位 7号車・渡会太一(FTKレヴレーシングガレージシグマ)

決勝6位の渡会太一(FTK・レヴレーシングガレージシグマ)

 「スタートでシフトミスしてしまって、それで思い切り抜かれたので、あれがなければあの集団(トップグループ)にも行けたと思うのでもったいないのが正直です。ペース的にもあったので、ホントにもったいないレースしたなって感じです」

10位 56号車・森山冬星(DIXCEL/ROYAL/MYST)

決勝10位の森山冬星(DIXCEL/ROYAL/MYST)

 「(岡本選手と)並んでいて僕インにいたのですけれど、ブレーキングでお互い止まれていなかったので。自分的には1車身残していると思っていたのですけれど、案外粘ってきて、自分の方が前出ていたのですけど、当たってしまって、回ったって感じです。いずれ誰か当たるだろうなと思っていたので、残念ですけど今年一年いい経験はできたので、それをこれからのレース人生に生かしていけるように、頑張りたいと思います」

Text: Junichi SEKINE
Photo: Kazuhiro NOINE
Mizue NOINE


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース