Archives

  • [—]2022 (611)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

第4戦SUGOレース11決勝 優勝コメント 大木一輝「めちゃくちゃキツかったです」 畑亨志「狙い通りの内容でした」

Race11優勝 大木一輝(PONOS Racing)

優勝した大木一輝(TOM\'S FORMULA)

 「前半逃げてマージンをつくるセットで臨んだので、後半厳しくなることは覚悟していました。でも、想像以上にきつかったです。小川選手が迫ってきたときはひやひやしましたが、自分の走りをしようと心掛けました。最後までめちゃくちゃしんどかったですが、タイヤと自分のペースに気をつけながら走りきったという感じです。このような(上のカテゴリーの)レースで勝てて本当に嬉しいです」

Race11マスタークラス優勝 畑 亨志(A-NeKT F111/3)

マスタークラスで優勝した畑亨志(Super License)

 「1コーナーでインを取って前に出ました。片山選手が後ろから来たので、これは競らずに早めに前に出そうと思って、そうしました。後半に合わせて内圧を低めにしたので、序盤は最終コーナーでアンダーがきつくて、田中選手に攻められました。途中からアンダーが消えたので逃げ切れました。ほぼ狙い通りの内容でした」

Text: Shigeru KITAMICHI
Photo: Kazuhiro NOINE


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース