Archives

  • [—]2022 (463)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

第2戦岡山レース6決勝 小山美姫がぶっちぎりで連勝 2位には片山義章が、3位には小川颯太が入る

優勝した小山美姫(Super License)

 フォーミューラリージョナルジャパニーズ選手権第2戦は26日、岡山国際サーキットでレース6の決勝を行い、予選2位からスタートした小山美姫(TGR-DC F111/3)がスタートでトップに立つとそのまま逃げ切り優勝、2連勝を飾った。

 レース6決勝は午後2時30分にフォーメーションラップが始まった。天候は曇り、8人が参加してグリッドを離れた。

 ポールシッターの片山義章(Team LeMans F111/3)はまたしてもスタートをミス。予選2位の小山美姫(TGR-DC F111/3)、同3位の小川颯太(Bionic Jack Racing Scholarship FRJ)にパスされ3位に落ちる。小川は1コーナーで小山に並びかけるが、ここは小山が先行。トップ小山、2位小川、3位片山の順でレースは始まった。

 ニュータイヤを履いた小山は1周目に2位小川を1秒2離すと、小川より1秒近いラップタイムを刻み、独走態勢に持ち込む。その差は5周目には5秒弱、11周目には10秒弱と広げた。

 トップ小山は、終盤にはクラッチに問題があり、2位以下との差を12秒前後に保ちながらマシンをいたわりゴール。18周を走りきり13秒差で優勝、独走での2連勝を飾った。

 2位小川と3位片山は0秒6程度の差で接近戦を演じていたが、12周目には予選と同様に小川のフロントウイングのフラップが脱落。これで小川は失速し、片山が2位に上がりそのままゴールを迎えた。小川は3位に入った。

 マスタークラスは、ポールポジションの畑亨志(A-NeKT F111/3)が序盤からトップに立つ。最後尾から2位に上がってきた田中輝揮(アスクレイ☆イーグルスポーツ)に迫られる場面をあったが、終盤には突き放し、トラブルでペースの上がらない小川に追いついたところでゴールを迎えた。2位には田中が入り、3位にはHIROBON(Rn-sports F111/3)が続いた。

 第3戦は、モビリティリゾートもてぎに舞台を移し来週の7月2日、3日に開催される。

18周の決勝がスタートした

優勝は小山美姫(TGR-DC F111/3)

決勝2位は片山義章(Team LeMans F111/3)

決勝3位は小川颯太(Bionic Jack Racing Scholarship FRJ)

マスタークラス優勝は畑亨志(A-NeKT F111/3)

表彰式

マスタークラスの表彰式

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース