Archives

  • [—]2022 (346)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

第1戦富士レース1,2,3公式予選 澤龍之介が他を寄せ付けずトリプルポールを獲得

 4月2日、フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ選手権(FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP)第1,2,3戦の予選が静岡県・富士スピードウェイで行われ、澤龍之介がトリプルポールポジションを獲得した。マスタークラスも初参戦のHIROBONが3戦ともにクラスポールを獲得した。

 開幕大会となる今回だが、エントリーは9台。若手4台、マスター5台という内訳だ。マシンは20台近くデリバリーされているはずなので、やや寂しい開幕だ。

 それでも昨年スポット参戦し2勝を挙げた澤龍之介(Sutekina Racing)、同じくスポット参戦で1勝を挙げた小川颯太(Bionic Jack Racing Scholarship FRJ)というステップアップを狙う若手に加え、F3などの経験も豊富で昨年スポット参戦ながら開幕3連勝を飾った片山義章(Team LeMans F111/3)、そしてWシリーズから凱旋参戦の小山美姫(F111/3)という多彩な顔ぶれが揃った。

 マスタークラスは、今年はSFライツ、FRJ、FIA-F4とフォーミュラ3カテゴリーに参戦する今田信宏(JMS RACING with B-MAX)をはじめ、田中優暉(アスクレイ☆イーグルスポーツ)、三浦勝(F111/3)の継続参戦組に加え、昨年スポット参戦した辻子依旦(PONOS Racing)、FIA-F4やTCRシリーズで実績のあるHIROBON(Rn-sportsF111/3)というメンバーだ。

第1戦予選

 4月を迎えたが、やや肌寒い天候となった富士スピードウェイ。午前9時25分から始まった第1戦の予選では、各車ゆっくりとタイヤを温めながら周回を重ね、予選時間の15分をフルに使ってのアタックとなった。

 ここで常にタイミングモニターのトップに居続けたのが、澤、食い下がる小川を上回るタイムをマークし続け、最終的に1分38秒001までタイムアップ。小川に0.5秒弱の大差をつけて開幕戦のポールポジションを獲得。3位は小川から0.5秒遅れた小山と続いた。

 ただ、気温の低さとカート走行の後だったことが災いしたようで、タイムとしては昨日の専有走行で澤がマークした1分36秒525には遠く及ばなかった。

 マスタークラスは、本命とも言える今田のタイムが思うように伸びず、初参戦のHIROBONが1分39秒432と、総合でも4位に食い込む健闘を見せクラスポール。最後に逆転ポールを狙った今田は最終セクションでコースオフ、クラッシュしてしまい、不本意なクラス3位に沈んだ。クラス2位は田中。

第2戦予選

 続いて行われた第2戦の予選も澤の速さが際立った。コンディションの良くなったなかで、開始8分すぎには1分37秒台に乗せると、その後も少しずつタイムを削り、最後のアタックで1分36秒861までタイムアップ。2位の小山にに約0.6秒差をつけ、連続ポールを決めた。

 その小山と小川の2番グリッドを巡る争いは超僅差の戦いとなった。終盤、小川が1分37秒773をマークすると小山が37秒750と100分の2秒上回り逆転。次の周で小川が1分37秒579を出すと小山が37秒505と再逆転。競り勝った小山が2番グリッドを手にした。

 マスタークラスは、今田が出走できず。HIROBONが「まだマシンを掴みきれない」と言いながらも安定した速さを見せ第1戦に続きクラスポールを獲得した。

第3戦予選

 第1戦予選のセカンドラップでグリッドが決まる第3戦も澤が3戦すべてでポールポジションからのスタートすることになった。マスタークラスも初参戦のHIROBONがトリプルクラスポールを決めた。

第1戦の決勝は、本日14時05分から15周で行われる。

第1, 2, 3戦ともポールポジションの澤龍之介(Sutekina Racing)

第1戦予選2位、第2戦3位、第3戦2位の小川颯太(Bionic Jack Racing Scholarship FRJ)

第1戦予選3位、第3戦2位、第3戦3位の小山美姫(F111/3)

第1, 2, 3戦ともマスタークラスポールポジションのHIROBON(Rn-sports F111/3)

Text: Shigeru KITAMICHI
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース