Archives

  • [—]2023 (2)
  • [+]2022 (810)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

第14戦もてぎ決勝上位3人のコメント 小出峻「今回は強さの部分を見せられた」

第14戦優勝 小出峻(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)

優勝した小出峻(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)

 「本当に嬉しいですし、ここまで支えてくださったチームの皆さん、スポンサーの皆さん、関係者の皆さん、応援してくださったファンの皆さんに感謝したいです」

 「昨日まで調子が良くなかったんですが、今日は気温も路面のラバーの載り具合も変わるので、そこを計算に入れてセッティングしてきました。ただ今回のレースはセッティングというより速さの部分、強さの部分を見せられたと思います。心も折れなかったし、駆け引きの部分をしっかり発揮できたなと思います」

 「(5周目について)仕掛けるところで仕掛けたかったんですが、抜ききれなかった。抜ききれないけどその後もしっかりカバーしながら次のコーナーで仕掛ける、というのを何度も繰り返して、やっと90度コーナーでしっかりと前に出られたという感じです。そこまでのコーナーも全力で抜いてやろうと思って走っていました」

 「(今シーズンを振り返って)一言で言うと、今シーズンはこの先のレース人生に欠かせない一年になると思いました。開幕前は圧勝で終えたいと思っていましたが、結果的にはそうならなかった。それは自分の経験不足が露呈したと思っています。レースは速いやつが勝つんじゃなくて、うまいやつ、強いやつが勝つんです。速さ以外の強さが足りてなかった結果が、最終戦までタイトルがもつれ込んだ理由です」

第14戦決勝2位 荒川鱗(TGR-DC Racing School)

決勝2位の荒川鱗(TGR-DC Racing School)

 「スタート自体は悪くなかったんですけど、その後セーフティーカーが入ってしまい、戦える周回数が少なくなってしまいました。嫌だなと思いながらも最後まで諦めずに走りました。小林選手を抜くことはできましたが、小出選手までは届きませんでしたね。小出選手のペース自体はそれほど変わらなかったので、前に出られたらな、とは思っていました」

 「(5周終わりのホームストレートについて)トップを狙って行ったんですが、あとちょっと足りませんでした。位置取りの問題で、挟まれる格好になっちゃって行き場がありませんでした」

「今シーズンはうまく噛み合ったレースがほぼなかった感じで苦しかったんですけど、それも成長の糧になると思います。オフシーズンの間に出た課題をしっかり洗い出して、来年何に出られるかわかりませんけど、そこでしっかり活かせるようにしたいです」

第14戦決勝3位 宮下源都(SKILL SPEED)

決勝3位の宮下源都(SKILL SPEED)

 「今年一年速さがあった時も結果につなげることができませんでした、ミスもあったし。やっと最終戦になって結果をまとめ上げることができました。チームの皆さんに感謝です」

 「今回は公式練習からペースに自信があって、トップグループについていくことができました。JAF-F4やスーパーFJで走り慣れたコースだったことも決め手ですね」

表彰式

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース