Archives

  • [—]2023 (2)
  • [+]2022 (810)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

第13戦、第14戦もてぎ公式予選 ルーキー小林利徠斗がダブルポールを達成

第13戦、第14戦ともポールポジションの小林利徠斗(TGR-DC RSトムススピリットF4)

 2022年FIA-F4選手権シリーズ第13戦、第14戦の公式予選が11月5日、栃木県茂木町のモビリティリゾートもてぎで行われ、ルーキーの小林利徠斗(TGR-DC RSトムススピリットF4)が第13戦、第14戦ともにポールポジションを獲得した。

 2022シーズンの最終戦もてぎ大会にはインディペンデントカップも含めて39台のエントリーがあったため、公式予選はA組、B組に分かれて各20分間で行われた。

 A組の公式予選は午前8時25分に走行開始。天候は晴れ。コースはドライだが、気温、路面温度ともに低いコンディションのため、各車入念にウォームアップを行い、5周目からアタックに入る。

 ここでのトップタイムは小出峻(HFDP RACING TEAM)
で1分58秒526。三井優介(HFDP RACING TEAM)が1分58秒676で2番手につけ、以下伊東黎明(OTG DL F4 CHALLENGE)、平安山良馬(TGR-DC RSフィールドF4)と続く。

 開始から17分が経過したところで山本聖渚(BJ Racing F110)がコースアウトしたことにより赤旗が出され、走行は一時中断となるが、車両回収ののち午前8時42分に残り時間7分で再開された。

 トップの小出はアウトラップに続いて1分58秒644、1分57秒937と着実にタイムを上げ、走行終了までトップの座を守り切った。

 小出とチャンピオンを争う三井も11周目に1分58秒161までタイムを縮めてきたが、小出のタイムにはあと一歩及ばず、2番手でチェッカーフラッグを受けることになった。

 続いて行われたB組の予選は当初予定より4分遅れの8時59分に走行開始したが、コースオープン直後に小嶋禎一(SACCESS RACING)が第4コーナーでストップしてしまったため、各車1周も計測しないまま赤旗が出され、予選は中断となってしまった。

 車両回収ののち、走行は午前9時4分より残り時間18分で再開となった。

 まずは4周目に1分58秒847を記録した荒川鱗(TGR-DC RSトムススピリットF4)がトップに立つが、5周目には小林利徠斗(TGR-DC RSトムススピリットF4)が1分57秒750でトップに。岩澤優吾(BJ Racing F110)も1分58秒450で2番手に上がってきたが、荒川はすかさず6周目に1分57秒797を記録して2番手を奪い返した。

 トップの小林は7周目に1分57秒652とタイムをさらに縮め、ベストタイム、セカンドタイムともにB組のトップで走行を終了。さらにA組トップの小出のタイムをも上回ったため、第13戦、第14戦ともに小林利徠斗が自身初のポールポジションからスタートすることになった。

 荒川も8周目に1分57秒669と小林に迫るタイムを記録してB組の2番手で走行を終了。A組トップの小出に続く予選3番手で決勝に臨む。

 FIA-F4選手権第13戦決勝は5日午後1時20分から、第14戦決勝は6日午前8時20分から、共に13周で行われる。

第13戦、第14戦とも予選2位の小出峻(HFDP RACING TEAM)

第13戦、第14戦とも予選3位の荒川鱗(TGR-DC RSトムススピリットF4)

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース