Archives

  • [—]2023 (2)
  • [+]2022 (810)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

第13戦、第14戦もてぎ予選上位3人のコメント 小林利徠斗「実力がついてる実感があり、それが自信につながってる」

第13戦、第14戦ポールポジション 小林利徠斗(TGR-DC Racing School)

 「一昨日、昨日の走行で予選想定で新品タイヤを履いた時のような、イメージ通りの走りができました。クルマも決まっていたし、ドライビングの面でもだんだん力がついてる実感があります。一年を通してすごく実力が上がってる感じがあって、それが自信につながっています。良いとか悪いの基準自体が上がってる感じで、良い方向に向かっています」

 「決勝については、一年間レースをやってきた経験があるので、変に新しいことに挑戦するよりも、今までやってきたことをしっかりこなせるかどうかだと思います」

 「もちろん結果もなきゃダメですけど、僕は結果だけでなく誰よりもクルマの運転が上手になりたい。その一心でやってきました」

第13戦、第14戦予選2位 小出峻(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)

 「(グループ分けをすることによって)多少はコンディションの違いが出てきますよね。そういう意味で僕は一つのグループで予選をやることを好むんですが、ちょっと今週は順調とは決して言えないですね。路面の問題だけじゃなく、セットアップやドライビングでのアジャスト力が足りてないことが原因です」

 「クルマのどこが、というのは特定できなくて、チーム全体として迷い道に入っている感じで、全体的にクルマの最大パフォーマンスを引き出せていない感じです」

 「最終戦ということで、チャンピオンも見えてきていますが、それに合わせて自分の走りを変えるのではなく、どんな状況でも自分の走りは変えない。その時できる最大のパフォーマンスを引き出すことを重視して、三年間培ってきたことを証明したいです」

第13戦、第14戦予選3位 荒川鱗(TGR-DC Racing School)

 「最初の赤旗はそんなに気にはなりませんでしたが、ベストラップを出した周のセクター2で少しミスをしてしまいました」

 「クルマは木曜日からどんどん良い仕上がりになっていて、レースペースでは良いタイムが出ています。良いセットというか、ポイントを押さえている感じで、もてぎでは今までも代々いい結果を残せていますね」

 「決勝ではスタートをちゃんと決めたいです。もし決まらなくてもシミュレーションではいい結果が出ているので、その通りにできればと思います」

Text: Kazuhisa SUEHIRO


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース