Archives

  • [—]2021 (634)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第6戦もてぎ決勝記者会見 大津弘樹「今日は実力での優勝」

表彰式

優勝 大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)

優勝した大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)

 「本当にうれいしいの一言です。昨日はたまたまスリックでラッキーでしたが、今日は実力で優勝できたと思います。フリー走行2回目とウォームアップ走行のペースが悪くて心配はしていました。たまたまセーフティーカー(SC)が出たタイミングでスリックに換えました。SC開けもスリッピーな状況で、飛び出さないようにセーブしながらプッシュしていました。プレッシャーは感じていませんでした。自分の持っている力を最大限発揮することしか考えていませんでした。いつも通りの気持ちでレースに臨めたのも勝った原因だと思います」

2位 阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)

決勝2位の阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)

 「前回のオートポリスの2位と違って、フルレースの2位なのでうれしいです。スタートで出遅れたましたが、順位を上げることができました。レインのペースが良かったので、ステイしようと思いましたが、チームの指示に従ってピットに入ったのが、この結果につながりました。トリッキーな路面で、いつスピンしてもおかしくなかったです。大津選手はトップで慎重になると思い、抜きたかったですが、ペースも良くてきっちり押さえられました。ルーキーとしてぼくが先に勝ちたかったですが、大津選手とチームにおめでとうと言いたいです」

3位 牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

決勝3位の牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

 「荒れたコンディションだったので表彰台で終われたのは良かったです。もてぎはチームとして苦戦していたので、考えてマシンを持ってきましたが、昨日の予選では対応しきれませんでした。大津選手に先を越されて悔しいですが、祝福したいと思います」

優勝チーム監督 田中洋克氏(Red Bull MUGEN Team Goh)(左)

優勝チーム監督の田中洋克氏(Red Bull MUGEN Team Goh)

 「特別な思いです。まだ1戦残っていますが、日程通り開催されたことに感謝しています。医療従事者の方や、感染防止の取り組みに対して関係者の方にも感謝したいと思います。チームをサポートしていただいてるスポンサーの方にも感謝したいです。予選は難しかったです。読みが外れて悪い方向に行くことが多いんですが、冷静に状況を見て作戦を考えました。Q2でドライタイヤを履いたのがQ3につながりました。正直、決勝はあそこまで冷静に戦えるか心配でしたが、ミスなく実力で勝ったので大津選手におめでとうといいたいです。SCが出るときには、2台一緒に入れる作戦でした。チームとしては山本選手が2度タイトルを取り、違うドライバーでも取るのが目標でした。野尻選手はタイトルを取れる選手だと思っていましたが、本当にすごいと思います」

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース