Archives

  • [—]2021 (547)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第9戦もてぎ決勝記者会見 優勝・佐藤蓮「二十歳になったのでシャンパンを開ける」

優勝 佐藤蓮(TODA RACING)
 「スタートは完璧に決まり1コーナーでトップに立てました。後ろが競っていたので逃げ切れると思いましたが、思ったよりペースが上がりませんでした。ファステストラップは取れましたが、後半タイムのばらつきが大きかったです。SFの後というのを考えないといけませんね。3連勝することができ、クルマも仕上げってきました。チャンピオンの可能性も残っているので残り3連勝を目指します。今回、自分にとっても自信になり、一段階ステップアップできました。先月二十歳になったのでシャンパンを開けたいと思います」
決勝2位 ジュリアーノ・アレジ(TOM'S)
 「スタートは朝より良くて、1ポジション上げることができました。3コーナーで名取選手を抜いたときは自信があり、リスクを取ったわけではありません。その後もペースは良かったですが、トップを取れるほどではありませんでした。次のもてぎに向け、データを読んで、分析と勉強と集中が大切ですね。SFも含めて3レース走ったので疲れています。レッドブルを飲んで御殿場までクルマで帰りたいと思います」
決勝3位 野中誠太(TOM'S)
 「今週のレースはスタートが良く、このレースでも決まりました。1コーナーでの詰めが甘かったですが、3コーナーで順位を上ることができました。トップの選手たちとペースに差がありましたが、自分で今できる最大限のレースをできたと思います。まだマシンより自分のドライビングを改善する必要があります。最初からこういうレースをすれば結果は変ったと思うので、組み立て方を考えないといけません。またチャンスをいただければ、もっと安定していい結果で終わりたいと思います」
Text: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース