Archives

  • [—]2021 (634)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第13戦もてぎ決勝記者会見 優勝・佐藤蓮「この流れで3連勝を目指す」

優勝 佐藤蓮(TODA RACING)
 「今回はポールポジションからスタートを決めることを意識していました。1~2コーナでも守れました。序盤、新品のタイヤは速いので名取選手に迫られましたが、しっかり押さえていました。後半になれば速くなると思ってたので想定通りでした。木曜日にロングのテストをしてガソリンが軽くなったときに後半ファステストを狙っていました。スタートは課題だったので木曜日から何度もスタート練習しました。この流れで3連勝を目指していきます。シリーズチャンピオンは難しいので、今できることをやりきりたいと思います」
決勝2位 名取鉄平(B-MAX RACING TEAM)
 「予選をミスをしてしまって、コンディションも変わり、アタックをまとめることができませんでした。、もてぎは抜きにくくてオーパーテークを作るチャンスを作れなかったのは情けないです。佐藤選手に対してはタイヤ的にも有利で、ロングは速いと思っていましたが、ダウンフォースが抜けて、前も詰まってファステストも取れず、ださいレースになってしまいました。あしたはアジャストする点が見つかったのでポジティブですが、6番手スタートなので、プッシュして追い上げるしかないですね」
決勝3位 ジュリアーノ・アレジ(TOM'S)
 「予選は悪くなかったんですが、スタートが良くありませんでした。そのあとは、もてぎは抜きにくいサーキットとはいえ、抜けるだけのペースはありませんでした。あしたも2番手なのでスタートを決めたいと思います。もてぎは御殿場より暑いでが、みんな同じなので仕方ないですね。SFとライツの間には少し時間があったので体力的には大丈夫です。あしたはもうちょっときつくなるかも知れませんね」
Text: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース