Archives

  • [—]2021 (634)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第6戦もてぎフリー走行2回目 復帰戦のサッシャ・フェネストラズがトップタイム

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦は17日、ツインリンクもてぎで2回目のフリー走行を雨の中行い、サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)がトップタイムを記録した。

 決勝をにらんだフリー走行は午前10時50分より30分間で行われた。雨は相変わらず強く降り続いているためウェット宣言が出され、全車ウェットタイヤを履いてコースインした。

 フリー走行は、雨量が多いため開始早々からコースアウトが続出した。まずは坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)がコースアウトしてクラッシュ。フロントウィングにダメージを負ったものの自力でピットに戻る。

 さらに、山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)、野尻智紀(TEAM MUGEN)がコースアウトしてコースに復帰。しかし、宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)はコースアウトしてグラベルに止まったため、ここで赤旗が提示された。

 ここまでのトップタイムは山下健太(KONDO RACING)で1分50秒911と2位以下を2秒7離している。

 フリー走行は11時5分に残り15分で再開された。

 残り8分を切ったところで、雨量が増したためか、S字コーナーでタチアナ・カルデロン(ThreeBond SF19)と関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)がコースアウトしてグラベルにストップ。ここで再び赤旗が提示された。

 フリー走行は11時16分に残り4分で再開された。

 ここでは多くのドライバーが自身のタイムを更新してきた。

 トップタイムを記録したのは最終周にペースアップしたサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)で1分50秒549。山下は序盤のタイムを更新できず、2位に落ちた。

 3位には小林可夢偉(KCMG)が、4位には大嶋和也(NTT Communications ROOKIE)が、5位には阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)が入った。

 チャンピオンに王手をかけている野尻智紀(TEAM MUGEN)は6位、ライバルの大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)と関口はそれぞれ8位、19位でフリー走行を終えている。

 決勝はこの後、午後2時45分より35周で行われる。天候は回復気味で、このフリー走行の結果は参考にならないと思われる。どんなコンディションでレースが行われるのか、また野尻の戴冠がなるかに注目したい。

フリー走行2回目: トップタイムはサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)

フリー走行2回目: 2位は山下健太(KONDO RACING)

フリー走行2回目: 3位は小林可夢偉(KCMG)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース