Archives

  • [—]2021 (172)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:公式テスト岡山二日目ドライバーインタビュー(#18UPGARAGE NSX GT3) 「GT500との混走はすごく神経を使います」(名取鉄平)

今シーズン#18UPGARAGE NSX GT3でスーパーGT300クラスにデビューする名取鉄平。

これまでのキャリアは、全日本カート選手権から2017年にスーパーFJにデビューして日本一決定戦を制した。2018年にはホンダの育成選手としてFIA-F4を戦い、今季F1に参戦が決まった角田祐毅と最終戦までタイトルを争ってランキング2位を獲得。翌年は渡欧してFIA-F3に参戦。そして昨年は帰国して全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に参戦、とこれまで一貫してフォーミュラカーをドライブしてきた。

そんな彼が今季はツーリングカーレースの国内最高峰に挑む。そこで来月のデビュー戦を控えた名取選手に、今の心境と今季の意気込みを聞いた。

また名取選手をチームメイトに迎え、このチームで4年目のGT300クラスを戦う小林崇志は岡山の隣県広島の出身。ホームコースとも言える来月の岡山戦について、現在の状況と抱負、そして名取選手の印象を小林選手に聞いた。

名取鉄平(#18TEAM UPGARAGE)

ー今季の参戦経緯についてー

公式テスト岡山: 名取鉄平(TEAM UPGARAGE) 去年スーパーフォーミュラ・ライツを戦いましたが、優勝することができず、ホンダさんから「育成枠を外れる」との話がありました。富士で行われた最終戦のあと、どうしようかと考えていましたが、最終戦の翌日にアップガレージの河野(映彦)社長からオファーをいただき、すぐに決断しました。最終戦の翌日に次のシーズンの話をいただいたおかげで、変に悩まずにオフシーズンを過ごすことができました。まだわからないことが沢山あるので、それを一つずつ勉強しているところです。以前スーパーGTと併催のFIA-F4を一年戦いましたが、あの頃は自分のことで手一杯で、他のレースを見る気持ちの余裕もありませんでしたから。

ー初乗りの印象はー

ヨコハマさんのテストで初めて乗りました。フォーミュラよりクルマが大きく、車重も重いので、ブレーキングの時の荷重の動かし方なども難しいです。今回のテストではGT500クラスとの混走になり、それへの気配りも大変です。ぶつかっちゃうと向こうにも迷惑がかかりますし。前だけじゃなく後ろにも気を使わないといけないので。体力的には問題ないのですけど、神経はすごく使いますね。タイヤ選択については、全日本カート選手権で経験していましたが、GTはタイヤが大きいのでまだまだ勉強が必要だと感じています。

ー来月の開幕を控えての目標と抱負をー

今回のテストはすごく良い方向に進んでいます。スーパーGTに早く対応していけるように成長していきたいです。またタイヤメーカーが3社出ていますが、ヨコハマ勢の中で常に一番でありたいと思っています。まだテストの段階ですが、チームの雰囲気はすごく良いので、信じて頑張りたいですね。

ーチームメイトの小林選手の印象はー

タイヤの使い方、クルマの操作方法など、すごくわかりやすく色々教えてもらっています。ドライバー交代の練習などにも付き合っていただいて、すごく助かっています。

小林崇志(#18TEAM UPGARAGE)

ー2年ぶりのホームレースになりますー

公式テスト岡山: 小林崇志(TEAM UPGARAGE) 去年はここでレースができなくて、いつも応援してくださる方々をお呼びすることもできなかったのを残念に思っていました。今年もパドックにお招きすることができるかどうかまだわかりませんが、少なくともスタンドにお客様を入れてレースをできるという意味ではすごく楽しみですね。

ー勝算ははありそうですかー

雨なら勝てそうかなと思います。ドライだとまだクルマの面、タイヤの面でやるべきことが沢山あるなと。まだクルマの性能を全部引き出せていないなと感じています。まだまだ完璧ではなく、伸び代はありそうなので、チーム一丸となって頑張りたいです。理想は表彰台ですが、まずはしっかりポイントを取りたいです。僕らは夏場になると調子がいいのですが、夏場だけだとチャンピオンは難しいので。開幕からしっかりポイントを取りたいですね。

ー名取選手の印象はー

率直に若いな、と思いますが、スピードはすごくあるので。速さは問題ないし、慣れてくれる必要はありますが、今のところ戸惑っている様子はないので、うまくやっていけると思います。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース