Archives

  • [—]2021 (257)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第2戦鈴鹿決勝会見 野尻智紀「今日のレースは正直僕のレースじゃないなと思っていました」

優勝 野尻智紀(TEAM MUGEN)

「今日のレースは正直僕のレースじゃないなと思ってました。序盤戦から厳しいなと思っていたんです。福住選手はスーパーGTのチームメイトでもありますし、彼の気持ちを考えると素直に喜べないところもありますが、チームの頑張りもありますので、喜ばないといけないという葛藤があります。僕がオーダーしたクルマの方向性が間違っていたせいでフリー走行が思わしい状態ではなく、チームの皆さんにハードワークを強いてしまいましたが、みんな完璧にこなしてくれました。チームには感謝していますし、次に向けて一つ一つピースをはめ込んでいってオートポリス戦で飛躍できるように過ごしていきます。本当に多くの方に支えてもらった勝利でした」

「ダンデライアンのクルマがバーストしたことは、自分が乗っていた頃も含めてなかったので、本当に嫌な感じがしたし、不安にもなりましたが、そこから頭を切り替えて、最後まで集中を切らさずに走るよう心がけました」

「今朝の走行ではイメージした状態にものすごく近くクルマが仕上がっていたので、その時点で決勝に向けての手応えは感じていました」

「昨シーズン優勝したオートポリス、SFで初優勝したSUGOと、いいイメージはありますが、そこに引っ張られずにまっさらな状態でスタートしたいと思います。オートポリスでは勝ちましたが、山本選手の方が状態は良かったので、妥協なく準備を進めていきます」

2位 平川亮(carenex TEAM IMPUL)

「久しぶりに表彰台に乗れたのが嬉しいです。鈴鹿は得意じゃないと思っていたので、予選もそれなりにいいポジションを得られて、決勝もトップ争いに絡めたことで、チームも自分も成長できてる実感は掴めました。ただ野尻選手にはポイントで離されてしまっているので、得意な夏のもてぎに向けていい流れはきていると思いますし、次のオートポリスも好きなコースなので」

「今週末はチームにも関口選手には助けてもらったことも多かったし、チームの雰囲気はすごく良かったです」

「オートポリスはうまくやれば勝てると思うので、しっかり準備していければなと思います」

3位 笹原右京(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
「同じチームの福住選手がああいった形でレースを失っているのは残念です。自分が表彰台に立てたことは嬉しいのですが、今週末は福住選手と比べて今一歩足りない状態が続いていました。それでもチームの皆さんが支えてくれて、自分も粘り強く取り組んだことでこの結果が得られたのかなと思います」

「僕も最初の方で失敗をしてしまい、タイヤにフラットスポットを作ってしまったので、福住選手のトラブルのあとも不安を感じていました。それでも自分の人生に悔いを残さないためにも全力で走りたいと思いました。それが結果につながったのは嬉しいです」

「間違いなくプレッシャーは大きいですし、フリー走行の走りはじめから一周一周の全てが最後のチャンスだと思って走っていました。いつどのタイミングでレース出られるかもわからず、毎回限られた時間の中でレースをしていく中で、自分をしっかり見つめ直して、やれることを精一杯やろうと思ってやってきました。大変な状況でしたが、チームが献身的にサポートしてくれたことに本当に感謝しています」

優勝チーム監督 田中 洋克(TEAM MUGEN)

「ただただ嬉しくて、言葉が出ないくらいです。今年で体制が変わりましたが、チームのメンバーが今まで作り上げてきたものがあって、そこに僕が監督できただけです。野尻選手も本当にメンタル面で強くなりました。フリー走行の状況は悪かったんですが、そこから予選できっちり持ち直して決勝に臨みました。野尻選手も本当に強くなったなと」

「自分では監督として板についてない感じです。これから色々やりたいことを形にしていきたいです。スーパーフォーミュラというクラスで2回勝つというのは至難の技です。出来過ぎで怖いくらいですが、次戦以降も全勝を目指していきたいと思います」

「こうやってレースができているのも、医療従事者の皆さんが日々頑張っていただいているからだと思います。この場を借りてお礼を申し上げます」

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース