Archives

  • [—]2021 (484)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第2戦鈴鹿予選会見 福住仁嶺「ポールポジションを取るまでに時間がかかったが取れて嬉しい。チームに感謝」

PP 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

「フリー走行の走り出しから調子が悪くなくて、最後のアタックでも手応えを感じていました。Q1からいい感じて走れていたので、そこからセットアップを変えることなく集中して走りました。ポールポジションを取るまでに時間がかかりましたが、取れて嬉しいですし、取らせてくれたチームの皆さんに感謝しています」

「今まではいろんなことを考えすぎたり、余計なセットアップをしてしまったりと、邪念があったと思います。今回は自信を持って走りましたし、自信の持てるクルマでした」

2位 野尻智紀(TEAM MUGEN)
「まずは福住選手におめでとうと言いたいです。走りはじめの調子が良くなかったので、セットアップをアジャストしていきました。自分が思うことを伝えて大幅なセッティング変更をしてもらいました。そうしたことの積み重ねでここまで来れたと思います。仕事量の多い中で完璧な仕事をこなすのは大変だったと思いますが、やってくれたチームに感謝です。Q3ではこのままだと福住選手に勝てないと思ったので、色々作戦を変えてみましたが、わずかに届きませんでした」
3位 大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)

「この鈴鹿でポールを取った福住選手は本当にすごいなと思います。僕は全然歯が立ちませんでした。今思えば僕自身ももっとできたんじゃないかと思うことが多々あります。予選までに結構バタバタしながら準備して予選に臨みましたが、Q1、Q2、Q3といいものを作っていただけたのでこの結果になれたと思います」

「自信を持ってレースウィークを迎えたんですが、フリー走行の状態が良くありませんでした。そこから色々取り組んで予選に臨みましたが、クルマの状態はよくなっていました」

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース