Archives

  • [—]2022 (265)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4日本一決定戦

JAF-F4:日本一決定戦鈴鹿公式予選後のコメント PP・元嶋成弥「2分3秒台に入れたかった」

ポールポジション 元嶋成弥(Kデンタルオフィス★MYST) 2分04秒437

日本一決定戦: ポールポジションの元嶋成弥(Kデンタルオフィス★MYST)

 「2分3秒に入れたかったので頑張ってアタックしていたのだが、タイヤの美味しいところがあまりなくて、最後は(アタックを)やめた。(予選後にマシンを調べていたが?)ミッションが不調でギアが落ちにくかったので診てもらったが、問題はないとの事で、そのままで走る」

2位 ハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ) 2分05秒201 トップと0.764秒差

日本一決定戦: 予選2位のハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ)

 「打倒元嶋選手が目標なので、まだまだだ。(2月の鈴鹿の予選では2分8秒台で、かなりの進歩を遂げた?)前回は予選を失敗してしまったが、決勝ではそん色ないタイムで走れた。それを考えると離されてしまっている。その時とは(元嶋選手は)違うクルマだけど、もうちょっと近づけないといけない。セミファイナルでは頑張る」

3位 金井亮忠(チームNATS・正義・001) 2分05秒747 トップと1.310秒差

日本一決定戦: 予選3位の金井亮忠(チームNATS・正義・001)

 「ちょっと元嶋選手が飛びぬけてしまっている。予選中に一緒に走れる機会があったのだがレベルが違った。2番を目指す訳ではないが、出来るだけ速いタイムで自分のベストは尽くせた。日本一決定戦だけあってタイムも拮抗しているので、レースも最後まで諦めずに頑張る」

Text & Photo: Junichi SEKINE


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース