Archives

  • [—]2021 (484)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FRJ:第2戦岡山決勝 上位入賞ドライバーのコメント 片山義章「SCスタートは緊張した」

優勝 片山義章(KATAYAMA YOSHIAKI)
優勝した片山義章(KATAYAMA YOSHIAKI)  「イン側がぬれていたのでアウト側のスタートは有利だと思っていたんですが、セーフティーカー(SC)スタートになってしまいました。初めてのポールからのSCスタートだったので緊張したんですが、プッシュして程よく離すことができました。そこからは相手のペースに合わせてタイヤをいたわって走りました。自分なりにいいレースでした。このレースはユーズドタイヤでもうニュータイヤは残ってないので、第3戦は相手がニュータイヤを使ったら怖いかなと思います」
2位 古谷悠河(TOM'S YOUTH)
決勝2位の古谷悠河(TOM\'S YOUTH)  「2番グリッドがぬれていたのでSCスタートはありがたかったです。通常スタートだったら3、4位に抜かれていたと思います。昨日は片山選手がニュータイヤで自分がユーズドでしたが、今回はお互いユーズドだったのと、昨日終わってからセッティングを変更し、走りも変えてみたので、そこで縮まったんだと思います。少しずつ離れる周もあれば、近づく周もあり、同じようなところに来ていると思いますが、追いつくほどではありませんでした。第3戦は3番スタートですが、ニュータイヤを残しているのでアドバンテージを生かして頑張りたいと思います」
3位 三浦愛(Super License)
決勝3位の三浦愛(Super License)  「スタンディングスタートを得意としているので、SCスタートは残念でした。スタートした瞬間、前と離れてしまい、注意不足でうまく持って行けなかったところから始まりました。最終ラップに自己ベストが出ていて、それでずっと走れていたら前の2台に付いて行けてたので、タイヤが暖まっていない序盤のペースが悪いというのが今の課題です。それが顕著に出たレースでした。でも後ろが離れていったので単独で落ち着いて走ることができました。反省は多いですが、もう1レースあるので、クルマの限界を毎周100%出していけるようにします。このシリーズは出られるところまで出る予定ですが、フル参戦を目指したいと思います」
マスタークラス優勝 田中優暉(ASCLAY SACCESS ES)
マスタークラス優勝の田中優暉(ASCLAY SACCESS ES)  「セーフティーカースタートの方がタイヤも暖まったし、なれているので良かったです。オーバーオールのクラスに付いていけなかったので、まだまだ課題はあり、もっと速くなりたいと思います。後ろ(塩津佑介選手)は、ぼくを抜かして早く行きたかったんでしょうが、無理なブロックはせずに抜くタイミングで行ってもらいました。楽しくレースをできました」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース