Archives

  • [—]2021 (484)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FRJ:第1戦岡山決勝 トップ3のコメント 片山義章「序盤はプッシュした」

優勝 片山義章(KATAYAMA YOSHIAKI)
優勝した片山義章(KATAYAMA YOSHIAKI)  「スタートはやっぱり難しいですね。スリップがよく効くクルマで、アトウッドで塩津選手のスリップに付けて、ヘアピンで並んで半車身くらい前に出ていたのでリボルバーで抜くことができました。途中、セーフティーカーが入るのかなとか、一人でいろいろ考えていました。序盤はプッシュして逃げて、後ろが見えなくなってからはむちゃしないようにタイヤを守りつつミスをしないように心がけていました。あしたの天気がわからないので、ニュータイヤを選びましたが、あしたは他の人がニュータイヤなので、守らないといけないかなと思います。シフトダウンのトラブルが各コーナー出ていましたが、チームが改善してくれると思います」
2位 古谷悠河(TOM'S YOUTH)
決勝2位の古谷悠河(TOM\'S YOUTH)  「スタートは良くなくて、1コーナーで抜かれましたが、アウトで粘って3位に上がれたのは良かったと思います。塩津選手はタイヤの暖まりが良くないのか少しミスしたようでアトウッドの立ち上がりでスリップに付けてバックストレレートで前に出ました。片山選手とはラップタイムが全然違うのでまだ足りていないのかと思います。木曜日の段階からあまり調子が良くなくて、いろいろためしていたんですが、うまいところを見つけられていないのと、自分の走りも合わせ切れていないところがあります。データを確認しながらあしたに向けて改善していきたいです。今日のタイヤはユーズドでしたので、あしたは1回は晴れて欲しいです」
3位 塩津佑介(YOUSUKE SHIOTSU)
決勝3位の塩津佑介(Power s MP F111)  「スタートは得意なので狙い通り決まりました。そこから自分のペースをつかもうと思ったんですが、序盤から思ったようにペースが上げられなくて、厳しかったです。後半にはペースを上げられると思ったんですが、そこも上げられなかったです。スクラブしたニュータイヤを使って勝負を賭けたんですが、はまらなかったのでそこはぼくの足りなかったところです。まだ2レース残っているのでいまからエンジニアと話をして、改善をし、優勝を狙っていきたいと思います」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース