Archives

  • [—]2020 (358)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第6戦鈴鹿公式練習 GT500は#64Modulo NSX-GT、GT300はSUBARU BRZ R&D SPORTとダンロップユーザーが両クラスでトップタイム 

2020オートバックス スーパーGT第6戦、「藤巻グループ 鈴鹿GT300kmレース」の公式練習が10月24日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、GT500クラスは#64伊沢拓也/大津弘樹組(Modulo NSX-GT)、GT300クラスは#61井口卓人/山内英輝組(SUBARU BRZ R&D SPORT)がトップタイムを記録した。

有観客開催となって2戦目となる第6戦鈴鹿。新型コロナウィルスの影響でF1日本グランプリや鈴鹿8時間耐久ロードレースなどが中止になったこともあり、東海地方のレースファンにとってはこれが今年初めてのビッグレースとなる。そうした背景もあってか、公式予選日の朝から多くの熱心なファンがスタンドに詰めかけた。

そうしたファンの熱い視線の中、公式練習は午前混走85分間と、専有走行各クラス10分間で行われた。天候は晴れ。コースはドライだ。

GT500クラスで序盤トップに立ったのは#12佐々木大樹/平峰一貴組(カルソニックIMPUL GT-R)。佐々木が開始16分で1'46.720を記録した。ここまで決勝レースでの不振が続き、ドライバーズランキング17位に甘んじている12号車だが、公式練習や予選では快速ぶりを見せており、上位陣のハンディキャップが最大値となる今大会こそは巻き返しを図りたいところだ。

続いて開始31分で#64伊沢拓也(Modulo NSX-GT)が1'45.986までタイムを縮めてトップに立った。

混走セッションは#244久保凜太郎(たかのこの湯RC F GT3)がシケインでクラッシュしたため、午前10時15分に赤旗中断となり、10時30分に残り15分で再開されたが、ここでは大きな順位変動はなく、公式練習はそのまま各クラスの専有走行に移行した。

GT500クラスは午前11時55分より専有走行が始まり、最初に#8野尻智紀(ARTA NSX-GT)が1'45.545、続いて#19宮田莉朋(WedsSport ADVAN GR Supra)が1'45.462を記録して一旦はトップを奪ったが、すぐに#64大津弘樹(Modulo NSX-GT)が1'45.213を奪い返し、そのまま公式練習は終了した。

2番手は19号車、3番手には#8野尻智紀/福住仁嶺組(ARTA NSX-GT)が続き、#38立川祐路/石浦宏明組(ZENT GR Supra)が4番手と、公式練習はNSXとスープラが上位を分け合う結果となった。ニッサンGT-R勢最上位は#24高星明誠/ヤン・マーデンボロー組(リアライズコーポレーションADVAN GT-R)の5位だ。

なお、第5戦終了時点でドライバーズランキングトップに浮上した#14大嶋和也/坪井翔組(WAKO'S 4CR GR Supra)は94kg(ウェイト44kg+燃料流量85.5kg/h)ものウェイトハンデが効いたか14位という結果に終わっている。

その一方でGT300クラスは上限一杯100kgのウェイトを搭載した#61BRZが1'57.299を記録、2番手の#30永井宏明/織戸学組(TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT)をわずか0.081秒上回ってトップタイムとなった。FIA-GT3勢最上位は#34道上龍/ジェイク・パーソンズ組(Modulo KENWOOD NSX GT3)の3位。今大会からルーキー大滝拓也が加入した#360青木孝行/大滝拓也組(RUNUP RIVAUX GT-R)も6位と好位置につけている。

なおクラッシュした244号車はダメージが大きかったため、午後の予選への出走を取りやめることとなった。

Text:Kazuhisa SUEHIRO


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース