Archives

  • [—]2021 (1)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

RS

RS:カテゴリー終焉 最終ウィナーは久保宣夫が、最後のチャンピオンは近田直人が獲得

 長年、数々のシリーズを彩ってきたRSシリーズが29日、鈴鹿クラブマンレースファイナルラウンドでついに終焉を迎えた。

 レースはCS2クラスとの混走で行われ、RSクラスには5台が参戦。晩秋の快晴の下、午前8時15分にフォーメーションラップが始まった。

スタートではポールポジションから久保宣夫がトップで1コーナーに侵入。予選2位・見並秀文、予選3位・阿部博行、予選4位・大城一の3台は1コーナーで3ワイドの攻防となるが、中央にいた阿部とイン側にいた大城が接触。大城はスピンし、予選5位・近田直人の先行を許すこととなった。

 トップに立った久保はコースレコードを更新する勢いで逃げ、2位には見並、3位に阿部、4位に近田、5位にスピンから再スタートしCS2クラスをかわしてきた大城が続く。

 レースは4周目にCS2クラスでスピン車両があったため4周目から7周目までセーフティーカーが導入された。

 レースは残り1周で再開され、久保がそのまま優勝。2位には見並が、3位には阿部が入った。4位には最終ラップで近田を捉えた大城が入り、近田は5位でレースを終えた。

 シリーズチャンピオンは5位の近田が8ポイントを加え53ポイントで獲得。2位には阿部が、3位には大城が入った。

 最終ウイナーは久保、最終チャンピオンは近田が獲得し、長年続いたRSが終焉の地、鈴鹿で幕を下ろした。

ポールポジションの久保宣夫 予選2位の見並秀文 予選3位の阿部博行 予選4位の大城一 予選5位の近田直人 最後の決勝がスタートした 近田直人と大城一の争い 最後のウィナーとなった久保宣夫 決勝2位の見並秀文 決勝3位の阿部博行 決勝4位の大城一 決勝5位の近田直人

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース