Archives

  • [—]2020 (92)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

カート

KART:中井悠斗インタビュー

 2020年鈴鹿サーキット南コースで開催された鈴鹿選手権シリーズ開幕戦、その最年少カテゴリーのカデットオープンクラスに参戦し、エントリー台数27台の頂点に立った中井悠斗選手。振り返れば2019年の鈴鹿選手権第1戦カデットオープンクラスでは悠斗選手の兄である陽人選手も開幕戦優勝を果たしている、兄弟とも勝負強さは何処で得たものなのか中井悠斗選手に聞いてみた。

【氏名】中井 悠斗(なかい ゆうと)【生年月日】2010年4月1日【年齢】9才
【エントリークラス】Cadets open/その他()
【チーム名】Team EMATY【ゼッケン】18
  1. カート をはじめたきっかけ を教えてください
    父さんがカートをやっていて楽しそうだったので4 才で始めました。
  2. 今までのレース戦歴 を教えて下さい
    20165 才) 1月 459CUP(キッズ)レースデビュー
    459CUP キッズランキング3位
    2017459CUPキッズチャンピオン、SL宝塚(キッズ)第3戦優勝
    2018RMC瑞浪シリーズMicroMAX年間15位、 SL瑞浪カデット年間5位
    2019RMC瑞浪シリーズMicroMAX チャンピオン、 SL瑞浪カデットチャンピオン
    APGChallengemicroMAX年間5位、鈴鹿カート選手権年間8位
    JAFジュニア選手権西地域第1戦3位(スポット)
    SL全国大会4位、ROTAXグランドファイナル(イタリア)日本代表31位
  3. 2020年シーズンの 動計画、体制を教えてください
    鈴鹿カート選手権フル参戦、RMCロタックスマックスチャレンジ瑞浪MINIMAXフル参戦、他スポット参戦
  4. 今シーズンの目標 を教えてください
    鈴鹿カート選手権チャンピオンとRMC瑞浪 MINIMAXでチャンピオンを目指し、RMC日本代表になりグランドファイナルへの出場を目指します。
  5. 目標を達成するため取り組んだことはありますか?(レースとレース以外の私生活を含めて)
    毎日のランニング、縄跳び等のトレーニングや動画を沢山見てのイメージトレーニングです。
  6. レース活動をおこなうにあたってたって大切にしていることはありますか?
    練習で教わった事を全てノートに書き、本番で教わった走りができるよう思い返しながら落ち着いて走っています。
  7. シーズンを通して上手くいかなかったこと、逆に上手くいったと思うエピソードエピソードはありますか?
    2019年まではタイムトライアルで失敗する事が多かったのですが、2020年鈴鹿カート選手権の開幕戦のタイムトライアルは初めて自分で良かったと思える走りだったとたと思います。
  8. 目標にしているドライバードライバーは?
    笹原右京さんです。
  9. 将来の夢将来の夢を教えてくださいを教えてください
    GT500ドライバーになり、チャンピオンを取りフォーミュラーにも出場出来るドライドライバーになりたいです。F1のワールドチャンピオンも目指したいです。
  10. カートの楽しさはどのようなところですか?
    競い合う事が出来る事と、優勝したら喜べる事です。
  11. スポンサー様の紹介や応援して下さる皆さまに向けてメッセージをお願いします
    これからも精一杯頑張りますので宜しくお願い致します。

Text & Photo: Y'sPHOTO(Yoshiaki YOKOTA)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース