Archives

  • [—]2019 (368)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第3戦富士 ル・ボーセ、スーパーテック24時間レースに平川亮と平木湧也を起用 (Le Beausset)

 ル・ボーセモータースポーツ(代表取締役・坪松唯夫)は、29日、ピレリスーパー耐久シリーズ第3戦富士SUPER TEC24時間レースに平川亮と平木湧也を起用することを発表した。レギュラーの嵯峨宏紀、山下健太、小河諒に加え5名のドライバーでクラス優勝を目指す。以下、プレスリリース。

ル・ボーセモータースポーツは、ピレリスーパー耐久シリーズ第3戦富士SUPER TEC24時間レースに平川亮と平木湧也を起用します。

 24時間レースはその長さゆえ、コンスタントで安定的なラップを刻んでいるように思われていますが、近年の耐久レースにおいては、各ドライバーのスプリントレースをつなぎ合わせたかたちのハイレベルのレースとなっており、耐久レースといえどドライバーの速さがより重要となっています。

 レギュラードライバーの嵯峨宏紀、山下健太、小河諒に加え今回起用する平川亮と平木湧也も、スーパーフォーミュラやスーパーGTの国内トップカテゴリーで活躍するドライバー達となります。

 特に平川は2016・17年とル・マン24時間レースへ参戦しており、その経験を活かしてくれることを期待しています。スプリント耐久と化した24時間レースを、この逞しいドライバー達と戦い抜き、悲願の優勝を目指します。

平川 亮
 この度、ル・ボーセモータースポーツより富士SUPER TEC24時間レースに参戦させて頂くことになりました。参戦実現に向けて尽力いただいた関係者の皆様に感謝しております。24時間レースは、ル・マン24時間で2回の経験がありますが、とにかく難しいという印象です。初めてのクルマ・チームになりますが、自分の今までの経験をフルに活かしてチームに貢献し、優勝へと導けるように頑張ります。応援をよろしくお願いします。
平木湧也
ル・ボーセモータースポーツより富士SUPER TEC24時間レースに参戦できる機会を頂き、初めての24時間レースを戦えることをとても嬉しく思います。FIA-F4で2年間戦ったチームであり、2016、17年にはLEXUS RC350をドライブさせて頂き、クルマ、チームとの順応は全く問題ないです。昨年からSUPER GTに参戦し学んだ、耐久では不可欠な確実性やマネジメント能力を発揮できるよう努め、優勝に貢献したいと思います。応援をよろしくお願い致します。
Le Beausset Motorsports


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース