Archives

  • [—]2019 (470)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第4戦富士予選会見「トリッキーな状況でしたが楽しめました」(パロウ)

PP アレックス・パロウ(#64TCS NAKAJIMA RACING SF19)
予選記者会見: ポールポジションのアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING) トリッキーな状況でしたが、僕自身は楽しめた予選でした。Q1ではクルマの状態が良かったので、さらに良くしようとQ2でセッティングを変えましたが、これはうまくいきませんでした。Q3では元に戻しましたが、これが凄く良くてしっかり走ることができました。僕にとっては初めてのポールポジションですし、チームにとっても良い結果が出せたと思います。 Q2は思うようなグリップが取れませんでした。降ったり止んだりの状況でグリップを得るのが難しかったです。それでも3位でしたので悪くはありませんでした。これがあったのでQ3で切り替えることができたと思っています。
明日はドライでもウェットでも自分とクルマは良いので、その状態でレースができたらと思っています。最高の位置からのスタートですので、良い結果が出ることを期待しています。
2位 坪井 翔(#39JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)
予選記者会見: 2位の坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING) オートポリス以来の雨で、富士の雨は初めてでした。オートポリスはラッキーな2位でしたが、今回は実力での2位になれたのは良かったと思います。ただ、Q1からQ2と進む中で決してペースが良かったわけではなく、ギリギリ通過しているような感じだったので、まさかQ3で2番手になれるとは思っていませんでした。順位にはびっくりしています。ただ、あとコンマ1秒でポールが取れたと思うと、もうちょっと詰められたはずですし、ちょっと悔しいですね。でも、Q1、Q2を考えれば上出来と思います。
明日は天気がどうなるかわかりませんが、ウェットもドライも悪くありませんので、どちらのコンディションでもしっかりレースしたいと思います。同じフロントローからのスタートだったオートポリスは良いレースができなかったので、明日は良いレースがしたいと思います。
3位 関口雄飛(#19ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)
予選記者会見: 3位の関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) Q2でトップになって、Q3でセッティングを変更したところそれが裏目に出てしまいました。Q3では僅差でしたが3位ということで残念です。Q2はオーバーとアンダーの両方が出ていて、ややアンダー傾向だったので、Q3ではアンダーを消す方向にしたらオーバーになりすぎました。ただ、雨の量も多くて、そこは運もあるので仕方ないかなと思っています。アレックス選手は去年のマカオGPで同じチームで走って、凄く速いのを知っていましたので、やっと本来の場所に来たなという感じです。
明日はかなり雨が強くなりそうですが、スタンディングスタートは自信があるんですが、雨だとセーフティカースタートになってしまいそうでちょっと残念です。でも3位という優勝を狙えるポジションからのスタートですので、Q3で足りなかったところを修正して臨みたいと思います。
まとめ: Shigeru KITAMICHI
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース