Archives

  • [—]2019 (470)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第7戦SUGO優勝会見 「今日のチームは100点満点です」(平手)「最終戦は何かあるんじゃないかと心配です」(高木)

決勝フォトセッション: 両クラス優勝のドライバー

GT500クラス 平手晃平(#3CRAFTSPORTS MOTUL GT-R)
GT500クラスで優勝した平手晃平(NDDP RACING with B-MAX) 正直すごく嬉しいです。今年日産に移籍して、速さはありましたが結果に繋げられないレースがここ2、3戦続いていました。苦しい状態でしたが、チームが一生懸命結果を残そうという気持ちで菅生大会に来たので、素晴らしい勝ち方ができて、今シーズンGT-Rの初優勝、チームにとってもGT500初優勝となったので、貢献できたことを嬉しく思っていますし、関係者の皆さんに感謝しています。
スタート前、雨が降り続いていたので、周りの状況を見ながら、自分たちの経験を踏まえベストなタイヤ(インターミディエイト)を履いて行くことにしました。それが功を奏して前半も良いペースで前を追いかけることができ、後半のフレッド(マコヴィッキィ選手)にも良いアドバイスができました。今日のチームの仕事は100点満点を付けたいと思います。ありがとうございました。
GT500クラス フレデリック・マコヴィッキィ(#3CRAFTSPORTS MOTUL GT-R)
GT500クラスで優勝したフレデリック・マコヴィッキィ(NDDP RACING with B-MAX) 最高です。過去3レースはクルマは良かったのですが、細かいところが詰め切れずにいました。GT500はレベルが高く、表彰台に登ることは難しいのですが、今回は細かいところまで完璧でした。僕たちの雨のペースはパッケージ全体が非常に良かった結果だと思います。セーフティカーが入って、すべてのクルマのタイヤが冷えた状態になりましたが、リスタートしてからのタイヤマネジメントも上手くいきました。タフなレースで実力を出すことができたと思います。日産、ミシュランに感謝します。1シーズン8レースのなかで1つでも勝つのは大変難しいことですが、それを達成できて大変光栄に思っています。
GT300クラス 高木真一(#55ARTA NSX GT3)
GT300クラスで優勝した高木真一(ARTA) 予選2位からのスタートで雨では良いポジションだと思いましたが、それに加えてポールのスバル、3位の25号車(ホッピー86)がスリックタイヤを履いていたので、このまま雨が続けばマージンができると思いました。まだ小雨でライン上もドライのところがありましたので、これは何が起きてもおかしくないという状況でしたので、10~15周までは特に左側のタイヤをいたわり、4号車との差を10秒くらいにキープしながら走りました。ミニマムのピットイン周回を過ぎたあたりからペースを上げて、タイヤを使い切るまでフルプッシュしました。セーフティカーが入る前にピットインできたことも良かったと思います。ブリヂストンタイヤのパフォーマンスも高かったです。
(これでシリーズを15点リードしましたが)もう10数年チャンピオン取ってないので、(最終戦の)もてぎも何かあるんじゃないかという気がしてますが、2位が新田さんというのも嬉しいですね。オッチャン同士頑張ろうかなと思います(笑)。
GT300クラス 福住仁嶺(#55ARTA NSX GT3)
GT300クラスで優勝した福住仁嶺(ARTA) この優勝は僕にとってスーパーGTレース初優勝なので素直に嬉しいです。高木さんが上手くレース運びしてくれ、僕に引き継いだときにはタイヤを4輪交換しましたが、そのタイミングで雨が降ってきたので、タイヤをなかなか暖められずに5周ほど辛い状況が続きました。その後はタイヤも発熱して後ろも離れていったのですが、(今度は)燃費の問題が出てきたので、燃費走行をして、大丈夫ということになってからプッシュしました。最後までクルマを運ぶことができ、優勝という形で終えることができ皆さんに感謝します。
GTというカテゴリーはミラクルがあるので、(最終戦は)しっかり最後までレースをしてチャンピオン取れるよう頑張ります。
まとめ: Shigeru KITAMICHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース