Archives

  • [—]2019 (368)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿公式予選 SF優勝で波に乗る関口(#36au TOM'S LC500)がポール獲得

2019オートバックス スーパーGT第3戦「鈴鹿GT300kmレース」の公式予選が5月25日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、#36中嶋一貴/関口雄飛組(au TOM'S LC500)がGT500クラスのポールポジションを獲得。GT300クラスは#25松井孝允/佐藤公哉組(HOPPY 86 MC)がポールだった。

公式予選は午後2時40分よりノックアウト方式で行われた。気温28.2℃、路面温度48.2℃と今シーズン一番の暑さの中での走行となった。

GT500クラスポールポジションは中嶋一貴/関口雄飛組(au TOM\'S LC500)

GT500クラス予選2位は平川亮/ニック・キャシディ組(KeePer TOM\'S LC500)

GT500クラス予選3位は野尻智紀/伊沢拓也組(ARTA NSX-GT)

GT300クラスポールポジションは松井孝允/佐藤公哉組(HOPPY 86 MC)

GT300クラス予選2位は新田守男/阪口晴南組(K-tunes RC F GT3)

GT300クラス予選3位は坂口夏月/平木湧也組(ADVICSマッハ車検MC86マッハ号)

予選Q1

GT500クラスは残り時間が8分余りになってようやく各車のコースインが始まるというお馴染みの展開。公式練習では下位に沈んだホンダNSX勢が相次いで上位タイムを叩き出し、終わってみれば5台中4台がQ2進出を果たすという結果に。トップタイムは#8野尻智紀(ARTA NSX-GT)の1'45.916。#6山下健太(WAKO'S 4CR LC500)が2位で続いた。一方で第2戦優勝の#38石浦宏明(ZENT CERUMO LC500)は14位に終わっている。

GT300クラスは残り時間3分42秒で#9峰尾恭輔(PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE)がヘアピンでスピンアウトしたために赤旗中断に。再開後はQ2進出を巡って激しいアタック合戦が展開され、#88小暮卓史(マネパ ランボルギーニ GT3)が16位とギリギリで生き残ることに。トップタイムは#5坂口夏月(ADVICSマッハ車検MC86マッハ号)で1'57.827。#25佐藤公哉(HOPPY 86 MC)が2位、#2加藤寛規(シンティアム・アップル・ロータス)が3位ととマザーシャシー勢がトップ3を占めた。

予選Q2

GT500クラスはチェッカー寸前に激しいアタック合戦が展開され、最後の最後に#36関口雄飛(au TOM'S LC500)が1'45.775を叩き出してトップに。2位には#37平川亮(KeePer TOM'S LC500)が続き、トムスがフロントローを独占する結果となった。3位には#8伊沢拓也(ARTA NSX-GT)がつけている。

GT300クラスは1'57.008を記録した#25松井孝允(HOPPY 86 MC)が今季初ポール。つちやエンジニアリングは今回、決勝重視のセッティングを持ち込んだというが、予選での感触も上々だったようだ。2位には#96阪口晴南(K-tunes RC F GT3)が続き、Q1トップの#5平木湧也(ADVICSマッハ車検MC86マッハ号)が3位とここでも速さを見せつけている。

第3戦決勝は明日午後2時30分より52周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース