Archives

  • [—]2019 (368)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿ポールポジション会見 「先週スーパーフォーミュラで勝てて、その好調を維持できたのが嬉しいです」(関口雄飛)

予選フォトセッション: 両クラスのポールシッター

GT500クラスポールポジション #36au TOM'S LC500

中嶋一貴
予選記者会見: GT500クラスポールポジションの中嶋一貴(LEXUS TEAM au TOM\'S) 朝からクルマの調子が良かったので、Q1は安全に通ればいいかなと思っていましたが、安全にいきすぎた部分もあります。Q2のアタックは関口選手がセクター1のちょっとした遅れを2、3、4と削り取ってくれて、最後に一番上に来たので、「痺れた」以外の言葉が浮かびませんでした。今週末の気温は高いですけど、ほぼ想定内です。
関口雄飛
予選記者会見: GT500クラスポールポジションの関口雄飛(LEXUS TEAM au TOM\'S) 先週スーパーフォーミュラで勝てて、その好調を維持できたのが嬉しいです。GTも開幕がハーフポイントってことで、あんま戦った気がしなくて、第2戦がリタイヤと、ランキングでもビリの方だったんで、ここで一発行っとかないとチャンピオン争いが厳しくなると思っていましたが、それがうまく結果に表れて非常に嬉しいです。自分は3周目でアタックに行きましたが、セクター1でタイヤが100%温まりきっていなくて、95%くらいの状態でしたが、セクター2から最後までは100%でアタックできたんで、しっかり帳尻合わせができたかなと思います。あくまで結果論ですけど。

GT300クラスポールポジション #25HOPPY 86 MC

松井孝允
予選記者会見: GT300クラスポールポジションの松井孝允(つちやエンジニアリング) 今回は持ち込みの段階でクルマをすごく変えてきました。どっちかというと決勝に自信の持てるセットで、予選は正直どうかな? という感じでしたが、結果的にポールが取れたのは嬉しいですし、Q1走った佐藤選手から計測2周目が一番いい状態だというのが、僕の考えていた3周目とはズレがありましたが、アドバイス通り2周目で行っていいアタックができたのも良かったです。
佐藤公哉
予選記者会見: GT300クラスポールポジションの佐藤公哉(つちやエンジニアリング) とりあえず無事にQ1を突破できて、松井選手にバトンを渡せて良かったです。僕がGTに参戦させていただいて初めてのポールだったので素直に嬉しいですし、松井選手のQ2のアタックを見て正直痺れました。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース