Archives

  • [—]2019 (560)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第1戦岡山公式練習 前年王者の#1レイブリックNSXがトップタイム。

2019スーパーGT開幕戦「岡山GT300kmレース」の公式練習が4月13日、岡山国際サーキットで行われた。GT500クラスではセッション終盤にコースレコードを上回るタイムが相次いで記録され、ディフェンディングチャンピオンの#1山本尚貴/ジェンソン・バトン組(RAYBRIG NSX-GT)が1’17.779でトップタイム。2番手には#24高星明誠/ヤン・マーデンボロー組(リアライズコーポレーションADVAN GT-R)が1’17.916で続いた。GT300クラストップは#52脇阪薫一/吉田広樹組(埼玉トヨペットGBマークX MC)で1’25.248だった。

GT500クラスが現行規定で戦われる最後のシーズン、2019オートバックス スーパーGTがついに開幕。大会初日は朝から好天に恵まれ、多くの観客が早くからスタンドに集まってきた。例年に比べて気温はやや低めだが、日が高くなるにつれて次第に春らしい陽気になってきている。絶好のレース日和の中、スーパーGTの朝の公式練習は午前8時50分より105分間で行われた。

午前9時55分には#88小暮卓史/元嶋佑弥組(マネパ ランボルギーニ GT3)のコースオフ、10時10分には#64ナレイン・カーティケヤン/牧野任祐組(Modulo Epson NSX-GT)と#7藤井誠暢/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(D'station Vantage GT3)の接触があり、車両回収のため二度の赤旗中断があったものの、いずれもダメージは軽微であり、各チーム午後の予選と明日の決勝に備えて入念な走り込みを行なった。

大型遺跡の相次いだGT500クラスは、占有走行で上位6台が従来のコースレコード(1’18.129 平川亮/#37KeePer TOM’S RC F 2016年予選Q2)を上回るタイムを記録、ディフェンディングチャンピオンの#1レイブリックNSXに続いて新たにヤン・マーデンボローを迎えた#24コンドーレーシングが続き、ホンダNSXとニッサンGT-Rが僅差で上位に並んだ。レクサス勢の最上位は#6大嶋和也/山下健太組(WAKO'S 4CR LC500)の7位だったが、トップとの差はわずか0.412だ。

GT300クラスはマザーシャシーの#52埼玉トヨペット Green Braveがトップにつけ、FIA-GT3の#96新田守男/阪口晴南組(K-tunes RC F GT3)が2番手と、こちらも接戦だ。

スーパーGT第1戦の公式予選はこのあと午後2時45分よりノックアウト方式で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース