Archives

  • [—]2019 (469)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第2戦オートポリス予選会見 「あそこで終わってくれてよかったです。やってたら餌食になってたと思います」(国本雄資)

予選フォトセッション: トップ3のドライバー

第2戦ポールポジション #4国本雄資(KONDO RACING)
予選記者会見: ポールポジションの国本雄資(KONDO RACING) 危なかったな、というのが率直な意見です。ピットの位置が前から2番目だったので、ウォータースクリーンのない状況で1周2周走ることができました。1周めはタイヤを温めて、2周目は様子を見ながらじっくりいきました。そんなにガッツリいってるわけではなかったけど、その中でも結構水に乗ってハンドルを取られるような場面があったので、あれ以上攻めたらクラッシュしたかもしれません。セクター3で3号車に詰まり、離れるかアクセルを踏むか迷ったけど、この周で全開でいこうと思いました。あそこで緩めてたらもっと下の順位だったと思うし、運よく普通に走れたなと。最後は残り時間が少なかったので絶対踏んでやろうと思っていたので、あそこで終わってくれてよかったです。やってたら餌食になってたと思います。こういう予選になると昨日から予想していたので、走れても1周2周だろうと思ってタイヤの内圧やセッティングを調整していました。そういう部分でもチームに助けられました。
第2戦予選2位 #39坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)
予選記者会見: 2位の坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING) 荒れた展開になるなと予想できていました。ただ昨日の雨の走行でも感触は悪くなかったので、雨だったら充分戦える位置にいるだろうと思って楽しみにしていました。ただ運が悪くて、一番タイムの出た周のコントロールラインを横切った瞬間に赤旗が出てしまい、タイムが不採用になってしまいました。2度目にアタックでは前のクルマに詰まってしまってかなりロスをしてしまったので、結果以上に納得いかない予選になってしまいました。でもデビュー2戦目でフロントローを獲得できたのは素直に嬉しいし、速さはありそうなんで、いいスタートを切れそうです。決勝レースは絶対やって欲しいなと思います。
第2戦予選3位 #5福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
予選記者会見: 3位の福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 昨日中止になった時と大差ないくらいの雨と風でしたが、それでもやるってなったんで、常にサーキットに留まって走ろうと決めていました。みなさんそうだったと思いますが、早めに1周タイムを残しておかないと大変なことになると思ったので、安全に走った結果がここ(3位)につながったと思います。一応クリアでしたが、そこまで攻めてなかったので、もっと走ってればいいタイムが出たとは思います。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース