Archives

  • [—]2019 (368)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第8戦岡山決勝 #8片山が初の全日本F3総合優勝!

2019全日本F3選手権第8戦の決勝が6月9日、岡山国際サーキットで行われ、予選2位からスタートした#8片山義章(YTB by Carlin)が接戦を制し、Nクラスからステップアップして3年目で遂に初の全日本F3総合優勝を成し遂げた。

18周の決勝がスタートした レース序盤のトップ争い 優勝は片山義章(YTB by Carlin) 決勝2位はサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3) 決勝3位は宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM\'S F317) マスタークラス優勝はDRAGON(TEAM DRAGON F3) トップでゴールする片山義章(YTB by Carlin) 優勝した片山義章(OIRC team YTB) 優勝した片山義章とチーム監督のリチャード・ライアン(OIRC team YTB) 優勝した片山義章と父の岡山国際サーキット社長・片山義規氏 表彰式 マスタークラスの表彰式

第8戦決勝は午後2時15分より18周で行われた。天候は晴れ。今週末は3レースともドライコンディションでの戦いとなった。

第7戦で初の表彰台を獲得した片山はこのレースでも抜群のスタートを見せて#11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)を抜き去り、トップで1コーナーに飛び込むと、その後もフェネストラズ、#36宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)の二人を従えて着実に周回を重ねる。

2位のフェネストラズは序盤から片山を上回るペースで追い上げを図るが、最後まで攻略の糸口を見いだすことができず、レースはそのまま片山がトップでフィニッシュ。しかしそれでもフェネストラズは4周目に1'23.830のファステストラップを記録し、しぶとく1ポイントを追加してみせた。

マスタークラスは#30DRAGON(TEAM DRAGON F3)が今季初優勝を飾っている。

全日本F3選手権はこのあと、6月22、23日に宮城県のスポーツランドSUGOに舞台を移して第9戦、第10戦を行う。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース