Archives

  • [—]2019 (254)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第7戦岡山決勝 #36宮田が今季2勝目を獲得もファステストラップは#11フェネストラスのものに

18周の決勝がスタートした

1周目ヘアピン手前でアウトから片山義章をパスする阪口晴南

1コーナーでクラッシュした大津弘樹(ThreeBond F318)

レースはセーフティーカーが導入された

優勝は宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)

決勝2位はサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)

決勝3位は阪口晴南(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)

マスタークラス優勝は山口大陸(タイロクレーシング28号)

トップでゴールする宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)

2019全日本F3選手権第7戦の決勝が6月9日、岡山国際サーキットで行われ、予選2位からスタートした#36宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)が今季2勝目を挙げた。

第6戦決勝は午前10時より18周で行われた。この日の天候も昨日に続いて晴れ。絶好のレース日和のもとでの戦いとなった。

スタートではポールシッターの#11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)がやや出遅れた格好になり、イン側から好発進を決めた宮田がトップで1コーナーに飛び込む。その後方では今回スポット参戦の#37阪口晴南(カローラ中京Kuo TOM'S F317)がヘアピン進入で#8片山義章(YTB by Carlin)を抜いて3位でコントロールラインに戻ってきた。

トップ2台は序盤から1分22秒台のハイペースで飛ばし、互いにファステストラップを更新し合う展開になる。3周目に宮田が1'22.798を記録すると、5周目にはフェネストラズが1'22.586を記録。その後も1分22秒台で周回を重ねる宮田だったが、5周目に1'22.742を記録するにとどまり、ファステストラップの1ポイントはフェネストラズのものに。

レースはその後、13周目の1コーナーで#12大津弘樹(ThreeBond F318)がクラッシュしたためにセーフティーカーが導入されることになり、18周目のファイナルラップでようやく追い越しが可能となったが、宮田は最後までトップを守りきり、第2戦鈴鹿以来の今季2勝目を挙げた。2位はフェネストラズ、今回限りのスポット参戦となった阪口が3位で表彰台を獲得した。

マスタークラスは#5久保田克昭(Planex・スマカメF3)が昨日に続いてジャンプスタートでドライビングスルーペナルティを課せられる一方で、予選トップの#28山口大陸(タイロクレーシング28号)が最後までトップを守りきって優勝している。

全日本F3選手権の第8戦決勝はこのあと午後2時15分より18周で行われる。

優勝した宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) 表彰式 マスタークラスの表彰式

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum
Hiroyuki MINAMI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース