Archives

  • [—]2019 (302)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第9戦SUGO決勝記者会見 優勝・宮田莉朋「SCが入るのはなんか持っているんでしょうか?」

優勝 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 優勝した宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) 「予選でポールが取れてスタートさえ決めれば、ミスしない限り抜かれることはないのでスタートに集中しました。ペースも良くてファステストを狙っていました。優勝したレースはすべてSCが入ってるのでなんか持っているんでしょうかね。その後ファステスト争いになると思っていましたが、タイムが更新できて良かったです。あしたもポールなのでスタートに集中してまたフルマークを取れるようにがんばります」
2位 小高一斗(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 2位の小高一斗(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) 「昨日までの練習が今までの中で一番いい状態でした。ただ前日から雨が降って昨日とコンディションが違ってしまい、思うように予選が走れませんでしたが、運よく2番手になれました。スタートもそんなに失敗することなく、ただロングランのペースは厳しいセッティングになっていたので、後半少し危ないところを見せてしまったんですが、2位でゴールできて良かったです」
3位 サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 3位のサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 「ベストは尽くしましたが、チームにもぼくにもタフなレースでした。良くないと思ってた5位からスタートで1台抜いて、リスタートでも抜きました。予選ではトラフィックにひっかかって5位でしたが、せめて3位くらいにはなりたかったです。宮田選手にはかなわない部分があるんですが、もっといい結果を出したいですね」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース