Archives

  • [—]2019 (535)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第18戦決勝記者会見 優勝・フェネストラズ「無線で話されるのは嫌です」

決勝フォトセッション: トップ3のドライバーたち

優勝 サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 優勝したサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 「いいスタートが切れ、運よく宮田選手を押さえることができました。彼はぼくよりもいいタイヤでプッシュしてきていたので、ミスも無く守り切れて良かったです。宮田選手がファステストを取ってるのを知りませんでした。無線で話されるのは嫌だし、常にベストを尽くして走っているので、彼がファステストを取ってもぼくが勝てばチャンピオンなので、余計な情報は不要ですね」
2位 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 2位の宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) 「2番手スタートで、ニュータイヤを履いてスタートに賭けていました。フライングの選手が前にいて、5コーナーまでのポジション取りで時間がかかってしまいました。その後は常にプッシュしました。ファステストよりも勝たないといけなくて、離されずに付いていき、相手がミスしたときは絶対抜けるようにしていました。フルブレーキからターインするコーナーが多いレイアウトなのでチャンスはありませんでした」
3位 大津弘樹(THREEBOND RACING)
決勝記者会見: 3位の大津弘樹(THREEBOND RACING) 「1レース目で4位を獲得できたことがこの成績につながってます。1レース目も表彰台を獲得できたレースだったのに落としてしまったし、今回も大湯選手のフライングで上がれたので、まだスピードが足らないですね。3レース目に向けてセットアップを変更したのがいい方向にいっているので、岡山大会に向けて速さを磨いていきたいと思います」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース