Archives

  • [—]2019 (365)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第13戦SUGO決勝 コースアウトも宮田莉朋が今季4勝目

 全日本F3選手権第13戦は27日、スポーツランドSUGOで決勝を行い、ポールポジションからスタートしたが宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)優勝、今季4勝目を飾った。

スタート直後、ヘアピンに進入するトップグループ 宮田莉朋のミスに乗じて並びかけるサッシャ・フェネストラズ 優勝は宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM\'S F317) 決勝2位はサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3) 決勝3位は小高一斗(カローラ中京Kuo TOM\'S F317) 優勝した宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) 決勝2位のサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 決勝3位の小高一斗(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) 表彰式

 予選時にぱらついた雨もやんだ。薄雲を通して太陽も顔を出し、正午前から気温はぐんぐんと上昇。蒸し暑いなか午後2時30分、12台が参加してフォーメーションラップが始まった。

 スタートではポールポジションの宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)が蹴り出しよくトップで1コーナーへ。これに予選2位のサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)が続く。3位には同3位のエナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3)をかわした小高一斗(カローラ中京Kuo TOM'S F317)が上がってきた。4位にアーメド、5位にハリソン・ニューウェイ(B-Max Racing with motopark F3)、6位には、片山義章(YTB by Carlin)をかわした大湯都史樹(TODA FIGHTEX)が続く。

 2周目の1コーナーでは、トップ宮田がコースアウト。背後にフェネストラズが迫るが、続く3コーナー、ヘアピンでなんとか押さえきりトップを死守。

 ここから宮田は4周目にこのレースのファステストラップをたたき出して、フェネストラズとの差を徐々に開いて行く。

 結局、宮田はこのまま18周を走りきり、後続を3秒弱離して今季4勝目を飾った。2位はフェネストラズ、3位には小高が入った。

 4位はアームド、5位はスポット参戦のニューウェイ、6位には大湯が続いた。

 このレース、高温の難しいコンディションのため上位9台はスタート直後の順位のままゴールするという単調な展開となった。

 第14戦は明日28日午前10時より18周で、第15戦は午後2時20分より25周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース