Archives

  • [—]2019 (569)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第10戦SUGO決勝記者会見 優勝・大湯都史樹「坊主にならなくて良かったです」

決勝フォトセッション: トップ3のドライバー

優勝 大湯都史樹(TODA RACING)
決勝記者会見: 優勝した大湯都史樹(TODA RACING) 「2番手からのスタートでまさかトップを取れるとは思っていませんでした。1周目にトップに出られたのが大きかったです。前半のペースは悪い状態ではなかったのでトップを維持することができましたが、後半は宮田選手のペースが良く、苦しいレースでした。2回出たセーフティーカーでリスタートをうまく決めることができ、それも大きかったかなと思います。予選のセカンドラップで2位が取れて、ここしかないと思っていましたし、勝てなければ坊主になることになっていたので良かったです」
2位 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 2位の宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) 「スタートでやらかしたのでチームに申し訳ないです。馬の背に入るまでは離れて入れば速くて、近づくとSPで離され、最終コーナーからホームストレートは若干速くて、というのが続いていていました。大湯選手もミスをしないしチャンスはありませんでした」
3位 サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 3位のサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 「タフなレースでした。クルマのバランスが悪くミスもありました。弱点のスタートは良かったでが、まだまだトムスに近づくにはクルマのセッティングをしていかないといけないです。いままですべてのサーキットで勝ってたんですが、勝てなくて残念です。次の富士もベストを尽くしたいと思います」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース