Archives

  • [—]2019 (90)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第6戦SUGOポールポジション会見 「正直PPが取れるとは思いませんでした」(#100山本)「明日は魔物を味方にします」(#61井口)

予選フォトセッション: 両クラスのポールシッター

GT500クラス 山本尚貴(#100RAYBRIG NSX-GT)
予選記者会見: GT500クラスポールポジションの山本尚貴(TEAM KUNIMITSU) 「ポールポジションは素直に嬉しいですね。この結果を残せた要因はバトン選手が厳しい条件のなかでQ1を見事に突破してくれたことに尽きると思います。初のニュータイヤで3番手という結果には僕もプレッシャーを感じました(笑)。でも、ハンデもありましたので正直ポールが取れるとは思っていませんでした。チャンピオンを争う1号車、23号車、36号車がQ1で敗退していることを考えると、価値のあるポールだと思います。バトン選手にとって初めてのコースでしたので、前回テストで8号車をドライブする機会を作ってくれたARTAとホンダに感謝しています。クルマのセッティングも完璧ですので、明日は2人で良い結果を出したいと思います」
GT500クラス ジェンソン・バトン(#100RAYBRIG NSX-GT)
予選記者会見: GT500クラスポールポジションのジェンソン・バトン(TEAM KUNIMITSU) 「気分は最高ですね。2012年のスパ以来のポールポジションです。朝はウェットコンディションでしたので、Q1がドライのニュータイヤでの初走行になりました。でも、クルマは非常に走りやすくセッティングが決まっていました。ベストを尽くして山本選手に引き継げたと思います。自身のアタックにも満足していますが、何よりも山本選手が素晴らしかったですね。山本選手におめでとうと言いたいです。そして、チーム国光とホンダに感謝します。抜きづらいコースですので、トラフィックをどのように切り抜けるかが課題です。明日はポールポジションの有利さを生かしてミスなく走りたいと思います」
GT300クラス 井口卓人(#61SUBARU BRZ R&D SPORT)
予選記者会見: GT300クラスポールポジションの井口卓人(R&D SPORT) 「山内選手は菅生が速いとは聞いていましたが、本当に山内選手と組めて良かったです(笑)。午前中から難しい天候で、Q1はニュータイヤでの一発勝負だったので、吐きそうなほど緊張しました。でも、トップタイムも取れて山内選手につなげましたし、Q2で山内選手が素晴らしいラップを見せてくれたので、本当に感謝しています。ただ、簡単には勝てないのが菅生ですし、魔物が棲むとも言われていますから、それを味方につけて笑って終われるようにしたいと思います。勝つための準備はしてきましたので大丈夫と思います」
GT300クラス 山内英輝(#61SUBARU BRZ R&D SPORT)
予選記者会見: GT300クラスポールポジションの山内英輝(R&D SPORT) 「スバル入って4年目でやっとポールポジションが取れました。長かったですが多くのファンの方に応援していただいていたので、この結果は本当に嬉しいですね。山本選手はバトン選手が3番手を取ってプレッシャーだったと言っていましたが、井口選手はトップだったので本当に吐きそうでした。決勝は、ハプニングも起こりやすいサーキットですので、簡単にいかないことは分かっています。僕たちのチームは他よりも給油時間が長いので、まずは逃げてマージンを作りたいです。最高のポジションからのスタートですので、チームを信じて走りたいと思います」
まとめ & Photo: Shigeru KITAMICHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース